「あしたのジョー」力石徹役は伊勢谷友介 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月17日 > 「あしたのジョー」力石徹役は伊勢谷友介
メニュー

「あしたのジョー」力石徹役は伊勢谷友介

2010年4月17日 05:01

山ピーとガチンコ勝負!「あしたのジョー」

山ピーとガチンコ勝負!
(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の伊勢谷友介が、不朽の人気漫画を40年ぶりに実写映画化する「あしたのジョー」で、主人公・矢吹丈にとって最大のライバル、力石徹を演じることが分かった。伊勢谷は、「NEWS」の山下智久扮する“ジョー”と劇中で死闘を演じることになる。

梶原一騎さんが高森朝雄名義で原作を手がけ、ちばてつやが作画を担当した同作は、現在までに累計2000万部を売り上げた。伊勢谷が演じる力石は、ジョーと人気を二分するほど多くのファンを魅了し、連載の途中で死んだ際には東京・文京区の講談社講堂で葬儀が行われたほど。そんなキーパーソンを演じることに、「力石徹は実在する人間ではないのですが、多くの人の心の中に強く生きているキャラクターです。僕自身も彼の気迫に負けない、それ以上の執念をもってやり遂げたいと思います」と意気込んだ。


鍛え抜かれた肉体を見よ「あしたのジョー」

鍛え抜かれた肉体を見よ
[拡大画像]

原作で描かれる力石は冷静さと優れた洞察力を持ち、ジョーと比較しても甲乙つけがたいほどの天才ボクサー。それだけに、伊勢谷に課せられたトレーニングは過酷を極めたという。トレーナーを担当した梅津正彦氏は、「よくぞここまでついてきてくれました。東洋チャンピオン時代の内山高志選手(現WBA世界スーパーフェザー級王者)と同じものをこなせるまでに。内山選手も『あれと同じメニューをやらせているんですか! 俳優さんとは思えない!』と驚いています」と舌を巻いた。

伊與田英徳プロデューサーは、「力石の魅力はカリスマだと思います。そのカリスマ性を持っているかたは、伊勢谷さんしかいないと思いました」と起用理由を説明。そして、「トレーニングを重ねるにあたって、そのストイックさは力石そのもので、今は力石が実際に目の前にいるかのように思います。山下さんのジョーとの対戦が今から楽しみでなりません」と期待感をにじませた。

ピンポン」の曽利文彦監督がメガホンをとる同作は、昭和40年代の東京を舞台に、荒んだ生活を送るジョーが問題を起こして刑務所に入り、プロボクサーの力石と運命の出会いを果たす。出所後も紆余曲折しながら成長を続けるふたりが、階級を超えた決戦で激突するまでを描く。撮影は3月下旬にクランクインし、東宝スタジオほか都内近郊に建設された敷地面積5000平方メートルのセットで行われている。5月末にクランクアップ予定。

あしたのジョー」は東宝配給で、2011年陽春に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi