目黒祐樹、娘・近衛はなとの初共演で“父の面目丸つぶれ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月10日 > 目黒祐樹、娘・近衛はなとの初共演で“父の面目丸つぶれ”
メニュー

目黒祐樹、娘・近衛はなとの初共演で“父の面目丸つぶれ”

2010年4月10日 16:15

初主演とは思えぬ落ち着きぶり!「獄(ひとや)に咲く花」

初主演とは思えぬ落ち着きぶり!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・古川薫の「野山獄相聞抄」(改題:吉田松陰の恋)を映画化した「獄(ひとや)に咲く花」が4月10日に公開初日を迎え、主演の近衛はな、共演の前田倫良目黒祐樹、音楽を担当した加羽沢美濃が、東京・有楽町スバル座で舞台挨拶を行なった。

同作は、吉田松陰が長州藩の牢獄「野山獄」に収監されていたころに経験した生涯ただ一度の恋を、唯一の女囚・高須久の視点で描いた史実に基づくドラマ。

初の親子共演となった近衛と目黒。父親の目黒は、「現場では平常心でいようと心がけましたが、スタッフにからわかれましたね(笑)。逆に娘の方が落ち着いていて、父親の面目丸つぶれでした」と述懐。娘の近衛は、「初主演ということと、吉田松蔭先生が生涯ただ一人愛した女性役ということで、撮影中は精一杯。父親を見ている余裕すらありませんでした」とプレッシャーも大きかった様子だ。

一方、のちに吉田松陰と呼ばれる吉田寅次郎に扮した前田は「(松蔭は)教科書にものっているほど偉大な人物。プレッシャーもありましたが、尊敬すると必然的に距離が生まれてしまうので、彼がいかにみんなに愛され、青春を駆け抜けたひとりの若者として演じるかに気を配りました」と役づくりへのこだわりを明かした。

山口県での先行上映では、県内すべての映画館で舞台挨拶を行なったという近衛ら。「山口は無駄に大きな県なので(笑)、移動が大変でした」(前田)、「どこの劇場も後ろのドアが締まらないぐらい満員で、松陰先生へのアツい思いを実感しました」(近衛)と振り返った。

さらに、山口県とも縁が深い安倍晋三元首相の妻、安倍昭恵さんが花束プレゼンターとして登場。「最初、倫良君は松陰先生のイメージと違うかなと思いましたが(笑)、映画を見たら素晴らしくて。若者としての苦悩が描かれている作品です」と太鼓判を押していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi