入来茉里&田中あさみ「海の金魚」であわや一大事の撮影を乗り切る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月9日 > 入来茉里&田中あさみ「海の金魚」であわや一大事の撮影を乗り切る
メニュー

入来茉里&田中あさみ「海の金魚」であわや一大事の撮影を乗り切る

2010年4月9日 16:13

芸能界という大海原に漕ぎ出した若い2人「海の金魚」

芸能界という大海原に漕ぎ出した若い2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鹿児島の海とヨットを愛する女の子“うみガール”たちの友情や冒険を描く「海の金魚」に主演の入来茉里田中あさみが、楽しくも過酷だった撮影や、女優としての成長について語った。

同作は、鹿児島の錦江湾で毎年行われている「鹿児島カップ火山めぐりヨットレース」に参加する高校生たちの姿を、ダイナミックなヨットレースの迫力とともに描き出す青春映画。入来と田中は、互いにトラウマを抱えながらも、ヨットレースを通してたくましく成長していく女子高生を演じた。

入来は、地元・鹿児島での撮影を「自分が知らなかった鹿児島の魅力に改めて触れてうれしかった」と満喫した様子。田中は、長期ロケの感想を「ヨットなど初めてのことが多くて、今回の映画で一歩成長しました」と振り返った。2人は休憩中もそれぞれの役名で呼び合うほど仲が良くなり、入来は「アドリブも生まれて、作品にとっても良かったと思います」と培ったチームワークがプラスに作用したことを明かした。

しかし、撮影は楽しいことばかりではなく、あわや大惨事になりかねない危険な出来事もあった。「事故がありました。ヨットの帆(メインセール)を支える棒状のブームが強風で動いて、カメラマンさんが跳ね飛ばされて海に落ちてしまいました……」(田中)、「練習時からブームは危ないと言われていました。直撃すると、頭蓋骨が割れてしまうそうです。皆で叫びました」(入来)。幸い一大事には至らず、田中は「マンガみたいに飛ばされて、スローモーションみたいに海に落ちていって……。呆然としながらもすごいって思ってしまいました」と話し、今では笑い話のように話せるようになったという。

大海原での撮影を乗り切った2人には、女優として今後もさまざまな“荒波”が待ち受けているはず。入来は、「確かに毎日がアドベンチャーですね(笑)。不安もあるけれど、ワクワクのほうが大きいかな。自分で進もうと思わないと、進まないところも一緒ですね」と女優業への意欲をみなぎらせた。田中も、「この仕事は、太平洋の真ん中にポツンといるような感じ。どこを見ても真っすぐな地平線で、どこに進めばいいのか分からない。だから、がむしゃらに進んでいる感じがします。遭難した船みたいです(笑)」と不安を吐露しつつも、「荒波が来たら力技で抜けます!」と力強く話した。

海の金魚」はティ・ジョイ配給で、4月10日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi