ジェニファー・アニストン、「ボトックス注射やってもいい」と容認発言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月6日 > ジェニファー・アニストン、「ボトックス注射やってもいい」と容認発言
メニュー

ジェニファー・アニストン、「ボトックス注射やってもいい」と容認発言

2010年4月6日 11:27

すでにお試し済み?

すでにお試し済み?
Photo:Cesar Cebolla / Alfaqui/
Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェニファー・アニストンが、イギリス版ハーパース・バザー誌最新5月号のインタビューのなかで、シワ取りを中心とした若返り美容治療に用いられているボトックス注射を容認する発言をしたことが話題になっている。

41歳となった現在も若々しさと見事なプロポーションを保っているアニストンは、体型を保つ秘策については「毎日ジャンクなものを食べたりしないことよ」とナチュラル志向を見せる一方で、ボトックスについて聞かれると「私はやってもいいと思っている。シワは日々深くなるばかりだもの」と、特にそれに対して反対ではないことを明かした。しかし同時に、「シワや欠点も自分の人生の証だから、否定するつもりはない」とも語っている。

食中毒の原因菌として知られるボツリヌス菌毒素から抽出した成分をシワが気になる部分に注射するボトックス療法は、筋肉の動きを抑制することでシワの改善を図るため、やりすぎると能面のように顔が無表情になってしまうという副作用がある。本人は否定しているが、ニコール・キッドマンやシェールはそのせいで顔が硬直化しているというのがもっぱらの噂だ。

それに対して、レイチェル・ワイズケイト・ウィンスレットペネロペ・クルスらイギリスやヨーロッパの女優は、「俳優にとっては表情が命」であると、反ボトックスの姿勢を明確に示している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi