レイチェル・ワイズが「ボンド23」に悪役で出演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月6日 > レイチェル・ワイズが「ボンド23」に悪役で出演?
メニュー

レイチェル・ワイズが「ボンド23」に悪役で出演?

2010年4月6日 11:27

美しいワイズが悪の黒幕に?「ナイロビの蜂」

美しいワイズが悪の黒幕に?
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズ第23作、通称「ボンド23」に、「ナイロビの蜂」でアカデミー助演女優賞を獲得した英女優レイチェル・ワイズが出演する可能性が出てきた。ボンドガールとしてではなく、悪役だという。

米映画サイトCinema Blendが信頼できる情報筋の話として報じたところによると、ワイズが候補に挙がっている役どころは、現ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが初登場した「007 カジノ・ロワイヤル」および続編「007 慰めの報酬」の悪役の総元締的存在で、新作でも引き続きボンドを苦しめることになる悪の秘密組織「クォンタム(Quantum)」(「慰めの報酬」の原題は「Quantum of Solace」)の黒幕。

あくまでも噂の域を出ない話ではあるが、ワイズは、クレイグと以前からの友人で、夫婦役で共演したジム・シェリダン監督の新作スリラー「ドリーム・ハウス(原題)」の撮影の際、「まだオファーはないけど、あったら絶対に『007』に出てみたいわ」と語ったそうだ。さらに、「ボンド23」でメガホンをとることになっているサム・メンデス監督は、ワイズと99年から2年ほど交際していた元恋人。メンデス監督は、先頃離婚を発表したケイト・ウィンスレットと結婚中は彼女が嫌がるので遠慮していたが、破局後すぐにワイズに連絡をとって出演を依頼したという。

なお、ボンド役のクレイグとM役のジュディ・デンチ以外のキャストはいずれも正式には発表されていないが、先日、「ボンド23」のボンドガールに「スラムドッグ$ミリオネア」のインド人女優フリーダ・ピントが決定したと報じられた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi