オムニバス映画「掌の小説」、原作者・川端康成命日に1000円サービス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月6日 > オムニバス映画「掌の小説」、原作者・川端康成命日に1000円サービス
メニュー

オムニバス映画「掌の小説」、原作者・川端康成命日に1000円サービス

2010年4月6日 17:16

ちょうど桜の季節ですし「掌の小説」

ちょうど桜の季節ですし
(C)「掌の小説」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 文豪・川端康成の短編小説集を映画化した「掌の小説」が現在、東京・渋谷のユーロスペースで公開中だ。川端の命日にあたる4月16日には、鑑賞料金が一律1000円になる「原作者川端康成命日サービスデー」が実施される。

同作は、川端の珠玉の短編122編の収めた同名短編集を、新進気鋭の4人の監督が日本を彩る桜を共通テーマとしてオムニバス形式で映像化。「笑わぬ男」(岸本司監督)、「有難う」(三宅伸行監督)、「日本人アンナ」(坪川拓史監督)、「不死」(高橋雄弥監督)の4編で、吹越満香椎由宇福士誠治らが出演している。昨年の第22回東京国際映画祭では、日本映画「ある視点」部門に出品された。

昨年は生誕100年の太宰治松本清張作品の映像化が相次いだ。今年に入ってからも太宰や芥川龍之介谷崎潤一郎の作品を映像化するオムニバス「BUNGO 日本文学シネマ」が製作されるなど文豪ブームが続くなか、没後38年を迎えてなお読み継がれる川端文学の世界にも注目が集まる。

なお、毎週金曜日の21時10分上映回終了後にトークショーも行われており、16日は第3話「日本人アンナ」の坪川監督が登壇し、撮影秘話を語る。翌週23日には、第4話「不死」の撮影秘話をテーマに高橋、坪川、三宅の3監督がそろう予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi