「身も心も出し尽した」仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月5日 > 「身も心も出し尽した」仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的
メニュー

「身も心も出し尽した」仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的

2010年4月5日 20:25

白黒の激しい対決の行方は?「ゼブラーマン」

白黒の激しい対決の行方は?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 哀川翔の主演最新作「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の完成披露試写会が4月5日、東京・後楽のJCBホールで行われ、哀川をはじめ共演の仲里依紗阿部力三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎らが舞台挨拶に出席した。

同作は、哀川の100本目の主演作として製作された「ゼブラーマン」(04)の続編。前作から15年後の2025年、ゼブラシティと名を変えた東京を舞台に、記憶をなくした主人公・市川新市(哀川)が、地球を救ったヒーロー・ゼブラーマンとしての姿を取り戻していく姿を描く。悪役ゼブラクイーンに扮した仲が、セクシー衣装に身を包んでいることも話題の一作だ。

哀川は、激しいアクションシーンが満載で「撮影に入る前、みんなに『ゼブラーマン』はつらいぞと言ったんだけど、自分が一番きつかった」とこぼしたが、仲のアクションについては「回し蹴りが強烈」と絶賛。仲は、「身も心も全て出し尽して、もう出すところはないんじゃというくらい」と完全燃焼した様子だ。それでも、三池監督が「あとはスッポンポンになるしかない」と発破をかけると、「モザイクをかけてもらえれば大丈夫です(笑)」と大胆発言も飛び出した。


画像2

[拡大画像]

一方、三池監督は「宮藤さんの脚本がすごい。僕は脚本に書かれていることを演出しただけですし、今日は皆さん、お金を払っていないので『金返せ!』という怒りは宮藤さんに向けていただくとして、あ然とするラストを楽しんで」とニヤリ。宮藤は、「4年くらい前から準備していてやっとできた。作品はとにかくすごいです。ビックリします」と話すに留めた。そんな不穏な発言が相次いだが、哀川は「僕のデビュー25周年の集大成になる映画になっている。どこかで見たことある、やったことがあるなってカットもあって、監督の愛を感じた。素敵な映画に仕上がっています」と胸を張った。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は東映配給で、5月1日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi