“大型新人”ガボリー・シディベ初来日 女優継続を宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月5日 > “大型新人”ガボリー・シディベ初来日 女優継続を宣言
メニュー

“大型新人”ガボリー・シディベ初来日 女優継続を宣言

2010年4月5日 19:46

演技初挑戦でオスカーにノミネートされたシンデレラガール「プレシャス」

演技初挑戦でオスカーにノミネートされたシンデレラガール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年の第82回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた新進女優ガボリー・シディベが4月5日、東京・シネマート六本木で行われたプレミア試写会の舞台挨拶に立った。

1987年のニューヨーク・ハーレムを舞台に、両親の虐待を受けながら生きる黒人少女プレシャス(シディベ)が、フリースクールでの学びを通して、人生の希望を見出す姿を描く。サファイアの小説「プッシュ」を、「チョコレート」で製作を務めたリー・ダニエルズが映画化した同作は、2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した。

シティベは、演技未経験ながら主演に抜てきされ、オスカー候補にまで名を連ねる飛躍ぶり。「友人に誘われて気まぐれでオーディションを受けた。月曜日にオーディション、水曜日には起用が決まったの」と“シンデレラストーリー”を振り返った。演技のことはまったく知らなかったと語る一方で、「でも難しいとは思わなかった」語り、今後は「コメディやホラー、スーパーヒーローも演じたい。とにかく今は、演技を続けることが私にとっての目標」と女優継続を宣言した。

アカデミー賞授賞式も緊張はまったくなかったといい、「受賞できるか、できないか……それだけのことよ。もちろん候補に挙がったことは誇りだし、とてもハッピー。この映画に参加してからの2年間の集大成として光栄な夜だった」。来日中は「原宿に行ってみたい。それにコンビニで買い物もしたい」と素顔をのぞかせ、桜の花束をプレゼントされると満面の笑みを浮かべていた。

プレシャス」はファントム・フィルム配給で、4月24日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi