高橋克典主演「誘拐ラプソディー」押尾事件乗り越え伊ウディネ映画祭へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月3日 > 高橋克典主演「誘拐ラプソディー」押尾事件乗り越え伊ウディネ映画祭へ
メニュー

高橋克典主演「誘拐ラプソディー」押尾事件乗り越え伊ウディネ映画祭へ

2010年4月3日 15:53

三本締めで舞台挨拶終了「誘拐ラプソディー」

三本締めで舞台挨拶終了
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高橋克典の主演最新作「誘拐ラプソディー」が4月3日、全国20スクリーンで封切られた。高橋をはじめ共演の船越英一郎哀川翔、子役の林遼威榊英雄監督が、東京・角川シネマ新宿で行なわれた舞台挨拶に顔をそろえた。

同作は、昨年12月の公開予定だったが、出演していた押尾学が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたために公開延期に。“お蔵入り”の危機に直面したが、榊監督が急きょ代役を務め完成にこぎつけた。それだけに、榊監督は「感無量でございます。去年の今ごろはおはらいをした時期です。1年経った今、公開できてうれしいです」と喜びをかみしめた。

主演の高橋も、「あのおはらいは、相当強力でしたね。12月公開だったけれど、あれ、何かありましたっけ」ととぼけ顔。哀川と船越も、劇中冒頭に桜が出てくることに触れ「12月より春のほうがいいよ。春の映画なんだし」とアピールしていた。

そんな同作は、アジア映画に特化したイタリアの映画祭である第12回ウディネ・ファーイースト・フィルム・フェスティバル(4月23日~5月1日)のコンペティション部門に選出。昨年は、「クライマーズ・ハイ」「ドロップ」「フィッシュストーリー」「ヤッターマン」などが出品され、「おくりびと」が観客賞を受賞している。

また、高橋や哀川らは、榊監督の熱血ぶりについて言及。子役の林は、あまりの迫力に何度か涙を流したといい、「70年代の往年の監督の生き残りのような演出だった」(高橋)、「あれ、オレ、何かやったかな……みたいな怒鳴り声だった」(哀川)など思い思いに振り返った。榊監督は、「すべては僕の映画に対する思いということで許していただければ」と恐縮しきりだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi