長谷川京子、朗読ドラマ挑戦にワクワク TOKYO FM「DOCOMO シーソーメール」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月2日 > 長谷川京子、朗読ドラマ挑戦にワクワク TOKYO FM「DOCOMO シーソーメール」
メニュー

長谷川京子、朗読ドラマ挑戦にワクワク TOKYO FM「DOCOMO シーソーメール」

2010年4月2日 11:23

長塚圭史と朗読ドラマで共演「ありがとう」

長塚圭史と朗読ドラマで共演
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の長谷川京子が4月1日、都内で行われたTOKYO FM開局40周年記念番組「DOCOMO シーソーメール」発表会見に出席。初の朗読ドラマ挑戦に「未知の世界です。ひとつひとつ勉強していきたい」と期待に胸を膨らませ、感情込めた朗読を披露した。

ドラマは、男女の心の動きを携帯メールという現代のツールを使って描く。「メールというと “冷えた”感じもするけれど、逆にきちんとモノとして残せるツール。『ありがとう』とかシンプルな言葉が心に響く」。

小説家の大崎善生さんが男性側、谷村志穂さんが女性側に立ち、互いの立場でメールを執筆し、物語はそのメール交換で進行していくという趣向。長谷川は「(メール交換の)ライブ感が楽しみのひとつ。最終的にキャラクターが出来上がっても、それはそれで楽しいんじゃないかな」と笑顔で話した。

「DOCOMO シーソーメール」は、TOKYO FMで4月4日より毎週日曜夜10時放送。共演は俳優で劇作家・演出家の長塚圭史。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi