「愛を読むひと」スティーブン・ダルドリー監督の次回作は、9・11小説の映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月2日 > 「愛を読むひと」スティーブン・ダルドリー監督の次回作は、9・11小説の映画化
メニュー

「愛を読むひと」スティーブン・ダルドリー監督の次回作は、9・11小説の映画化

2010年4月2日 17:16

オスカーノミネートは確実!?「めぐりあう時間たち」

オスカーノミネートは確実!?
Photo:Globe Photos/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」など、文芸作品の映画化に定評のあるスティーブン・ダルドリー監督の次回作が、やはりベストセラー小説を原作としたものになることが分かった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、ダルドリー監督が次回作に選んだのは、米文学界で話題の若手作家ジョナサン・サフラン・フォアが05年に発表した長編第2作「Extremely Loud and Incredibly Close」。9・11同時多発テロで父親を失った9歳の少年オスカーが、父親が遺した謎の鍵に合う錠を探してニューヨークの街をさまようというストーリーだ。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の脚本家エリック・ロスが脚色にあたり、「めぐりあう時間たち」でもダルドリー監督と組んだ名プロデューサー、スコット・ルーディンがプロデュースを務める。

ちなみに、フォアの02年のデビュー小説「エブリシング・イズ・イルミネイテッド」は、リーブ・シュライバー監督、イライジャ・ウッド主演で「僕の大事なコレクション」(05)として映画化された。

2000年の長編監督デビュー作「リトル・ダンサー」から10年間で3本しか作っていない寡作のダルドリー監督だが、「めぐりあう時間たち」(02)ではニコール・キッドマンに、「愛を読むひと」(08)ではケイト・ウィンスレットにアカデミー主演女優賞をもたらし、自身も3作品すべて監督賞の候補になっていることから、本作にも期待は高まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi