「ピアノ・レッスン」のオスカー女優アンナ・パキン、両性愛者であることを告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月2日 > 「ピアノ・レッスン」のオスカー女優アンナ・パキン、両性愛者であることを告白
メニュー

「ピアノ・レッスン」のオスカー女優アンナ・パキン、両性愛者であることを告白

2010年4月2日 15:13

「トゥルー・ブラッド」のイケメン俳優と婚約中「ピアノ・レッスン」

「トゥルー・ブラッド」のイケメン俳優と婚約中
Photo:Tsuni/Gamma-USA/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェーン・カンピオン監督「ピアノ・レッスン」(93)の主人公の娘役で、弱冠11歳にしてアカデミー助演女優賞を受賞したニュージーランド出身の女優アンナ・パキン(27)が、同性愛者への差別撤廃を訴える「Give a Damn」キャンペーンの公共広告に登場し、「自分はバイセクシュアル(両性愛者)」であると告白した。

同キャンペーンは、歌手のシンディ・ローパーが創設したNPO「トゥルー・カラーズ・ファンド」の活動の一環で、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人権擁護を目的としている。4月1日からインターネット上で公開されたキャンペーンビデオには、パキンのほかにも主唱者であるローパー、エルトン・ジョンシンシア・ニクソンウーピー・ゴールドバーグ、クレイ・エイケンらが出演。解雇されたり自殺する確率が高いというLGBTの人たちが置かれた状況を説明して、「LGBTの人権問題に関心を持とう(Give a Damn)」と訴えかけた。ジョンやニクソン、エイケンらが同性愛者であることは広く知られているが、パキンは今回のビデオでカミングアウトした格好だ。

パキンは、「あの頃ペニー・レインと」「X-MEN」シリーズに出演しているほか、現在は米HBOの吸血鬼ドラマ「トゥルー・ブラッド」に主演。同作の共演者で、イギリス出身の俳優スティーブン・モイヤー(40)と婚約したことを昨年8月に発表した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi