「マリア様がみてる」実写映画化決定、主演は未来穂香&波瑠 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月1日 > 「マリア様がみてる」実写映画化決定、主演は未来穂香&波瑠
メニュー

「マリア様がみてる」実写映画化決定、主演は未来穂香&波瑠

2010年4月1日 06:00

原作は女性だけでなく男性ファンも多数「マリア様がみてる」

原作は女性だけでなく男性ファンも多数
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今野緒雪の人気ティーンズ小説「マリア様がみてる」の実写映画化が決定。ファッション誌「ラブベリー」専属モデルの未来穂香と、ファッション誌「Seventeen」専属モデルの波瑠がダブル主演で臨むことになった。

原作は、累計発行部数540万部を誇るライトノベルで、テレビ東京系でアニメ化もされた話題作だ。「カラスコライダー」「イケメンバンク THE MOVIE」の寺内康太郎監督がメガホンをとる同作は、37巻まで刊行されているコミックスの1巻の内容を映画化する。

日本屈指のカトリック系お嬢さま学校・リリアン女学園を舞台に、上級生と下級生が姉妹関係を結ぶ「soeur(スール)」という制度と、「山百合会」という生徒会組織を軸に構成された青春学園もの。未来扮する平凡な女子高生・福沢祐巳が、波瑠が演じるあこがれの上級生・小笠原祥子に呼び止められたことをきっかけに、様変わりした学園生活をおくるようになる姿を描く。

主演に抜てきされた未来は、「とてもとてもうれしいです。女優という仕事を一生やっていきたいと思えたときにお話をいただいたので、自分では運命の作品だと思います」と初々しいコメント。さらに、相当な意気込みをのぞかせ「『マリア様がみてる』は私の運命の映画。何があっても全力で自分の力以上のものを出して取り組んで、良い作品にしたい」とコメントを寄せた。

一方の波瑠は、未来とのダブル主演について「うれしい半面、『私でいいんですか?』という心境でビックリしています」。“お姉さま”という役どころについても、「育ちの良い、リンとした女性という感じです。原作ファンの方々をがっかりさせないよう、ビジュアルと内面もできる限り近づけていきたいです」と語った。

マリア様がみてる」はジョリー・ロジャー配給で、今秋全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi