「ヒックとドラゴン」米興行低迷でドリームワークス株下落 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月31日 > 「ヒックとドラゴン」米興行低迷でドリームワークス株下落
メニュー

「ヒックとドラゴン」米興行低迷でドリームワークス株下落

2010年3月31日 11:21

「ヒックとドラゴン」日本公開は8月7日「ヒックとドラゴン」

「ヒックとドラゴン」日本公開は8月7日
(C)2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米週末興行で、3Dアニメ映画「ヒックとドラゴン」のオープニング興行収入が予想を下回ったことを受けて米東海岸時間3月29日午前、製作会社ドリームワークス・アニメーションの株価が9.2%下落した。

APによれば、「ヒックとドラゴン」は、前週まで3週連続でトップを走っていた、ティム・バートン監督とジョニー・デップが再タッグを組んだ3D作品「アリス・イン・ワンダーランド」を抜き、ボックスオフィス首位でスタートした。しかし、4330万ドルのオープニング成績は、昨年同時期の週末に公開されたドリームワークスの3Dアニメーション「モンスターVSエイリアン」が記録した5930万ドルを大きく下回った。

モンスターVSエイリアン」を上映した4104館のうち、3D上映を行ったのはわずか1550館だったのに対し、「ヒックとドラゴン」は4055館のうち2364館が3D上映を行っている。3Dチケットは通常料金より割高なため、「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」の実績を見ても、上映館が多い方が興行成績に有利なはずだった。

要因のひとつには、劇場主たちが急増する3D映画とその人気による興行収入の上昇に味を占め、3Dチケットのさらなる値上げを行ったことにあると見られている。アメリカの一般料金は平均13ドル60セント、3D上映は平均14ドル73セントだが(IMAXの一般料金は平均15ドル13セント、3D上映は平均16ドル63セント)、複数の劇場チェーンが同作の3Dチケットを最大8%も値上げしたという。ファミリー映画の場合、チケットの値上げは一度に複数枚を購入する家族の家計を直撃するため、これが興行成績に悪影響を与えた可能性があるのだ。

ドリームワークス・アニメーションの株価は29日午前の米株式市場で、3ドル94セント(9.2%)下落し、終値は38ドル87セント。昨年の同社株の最安値は17ドル95セント、最高値は44ドル77セントとなっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi