サム・ワーシントン「タイタンの戦い」英プレミアで来日宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月31日 > サム・ワーシントン「タイタンの戦い」英プレミアで来日宣言
メニュー

サム・ワーシントン「タイタンの戦い」英プレミアで来日宣言

2010年3月31日 11:21

「アバター」とは異なる迫力を3Dで楽しんで「タイタンの戦い」

「アバター」とは異なる迫力を3Dで楽しんで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ギリシャ神話をベースに人間と神々の戦いを描いた3Dアクション・アドベンチャー大作「タイタンの戦い」のワールドプレミアが3月29日(現地時間)、英ロンドンのレスター・スクエアで行われた。会場には主演のサム・ワーシントンジェマ・アータートンルイ・レテリエ監督らがそろい、作品への意気込みや日本のファンに向けたメッセージを語った。

同作は、特撮界の大御所レイ・ハリーハウゼンが83年に製作した同名映画を新たによみがえらせたもので、神々と人間が世界の覇権をかけて争いを繰り広げるなか、神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子ペルセウス(ワーシントン)が、ひとりの人間として戦いを挑む姿を描く。

ワーシントンは、恋人のナタリー・マークさんを伴って来場。世界的に大ヒットした「アバター」に続く3D大作への主演だが、「僕はちゃんと仕事をしただけ。仕事というのは、いい物語を伝えて、お客さまに楽しんでもらうということ。そのために僕は映画を作っているんだ」と謙虚な姿勢。今回はギリシャ神話がモチーフとあって、劇中で身にまとうスカート形の衣装についても「問題ないよ。それで女の子が映画を見てくれるなら、スカートを短くするさ。僕のお尻が巨大すぎて、3Dにするとすごいことになっちゃったかもしれないけどね」と笑わせた。


画像2

[拡大画像]

また、アータートンが演じたのは、オリジナル版にはいなかった新キャラクター。ペルセウスを導く美女イオ役について、「オリジナルの『タイタンの戦い』が大好きだったので、ぜひとも出たいと願っていたの。新しいキャラクターを作ってもらったので、私は自由に演じることができたわ。コスチュームは素晴らしいし、スタントもやったわ」。レテリエ監督は「サムが出ていて3Dの映画だからといって、『アバター』と同じわけじゃない。『アバター』は素晴らしい映画だけど、僕はただギリシャ神話の扉をもう一度開けてみたかっただけさ」と話した。

なお、4月7~8日にはワーシントンとレテリエ監督が来日予定。ワーシントンは、「日本には、もうすぐ行くことになってるんだ。See you!」とファンに向けてメッセージを残した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi