世界のクロサワに愛された加山雄三、本番中の居眠りを暴露される : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月27日 > 世界のクロサワに愛された加山雄三、本番中の居眠りを暴露される
メニュー

世界のクロサワに愛された加山雄三、本番中の居眠りを暴露される

2010年3月27日 19:09

黒澤明監督の思い出話はつきない「赤ひげ」

黒澤明監督の思い出話はつきない
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本が誇る巨匠・黒澤明監督の生誕100年を記念した特集上映が、東京のTOHOシネマズシャンテでスタートした。初日となる3月27日、「椿三十郎」上映後に俳優の加山雄三と、黒澤作品のスクリプターとして知られる野上照代氏がトークショーを行い、黒澤監督との思い出話に花を咲かせた。

黒澤作品では「椿三十郎」「赤ひげ」に出演した加山。25歳の若さで「椿三十郎」に参加したが、巨匠を前に緊張感はなかったようで、野上は「本番中、居眠りしてましたよね」と暴露。加山は照れながら、「そのシーンで僕のセリフはなくて、何度も撮り直しをしていたので、つい……」と弁解し笑いを誘った。そんな加山を黒澤監督はでき愛していたようで、居眠りに気付くと「加山、眠いのか。じゃあ加山のために休憩!」と言い、3時間も休憩に入ったという逸話も明かされた。

また、加山は「撮影で使っていた本物の刀で木を何本か切っていたら小道具さんに怒られた。そこへ黒澤先生がやってきて、僕を怒るのかと思ったら小道具さんに『余計なことをするな!』と怒っていました」と黒澤監督がいかに加山に甘かったかというエピソードを明かし、会場を和ませた。

主演した「赤ひげ」について、野上は「あの役は加山さんでないとダメ」と絶賛。一方の加山は「あのころは俳優をやめようか悩んでいた時期で、(三船敏郎演じる)赤ひげは黒澤先生、(舞台となった)養生所は撮影所に思えた。映画と実人生が重なっていました。『赤ひげ』は僕にとって大きな転換期です」と振り返った。そして、「撮影前、監督から『お前は白紙でいいからな』と言われました。人を見抜く力、洞察力、全体を把握する力のある、すごい監督です」と最敬礼だ。

史上初となる全30作品を一挙上映する「黒澤明 生誕100周年記念 特別上映」は4月16日までTOHOシネマズシャンテで、4月17日~5月7日は大阪・敷島シネポップで開催される。

椿三十郎[Blu-ray/ブルーレイ] 椿三十郎[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 腹黒い家老たちの不正を暴こうとする若侍たちを助けるため立ち上がった主人公の活躍を描く。出演は三船敏郎、仲代達也ほか。
赤ひげ【期間限定プライス版】[DVD] 赤ひげ【期間限定プライス版】[DVD] 最安価格: - 山本周五郎原作の小説を黒澤明監督が映画化した作品。江戸時代の医療施設・小石川養生所を舞台に、出世の野心に燃えるエリート医師が長屋で暮らす人々との触れ合いを通して成長していく姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi