新ボンドガールに「スラムドッグ」のインド美人フリーダ・ピントが決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月23日 > 新ボンドガールに「スラムドッグ」のインド美人フリーダ・ピントが決定!
メニュー

新ボンドガールに「スラムドッグ」のインド美人フリーダ・ピントが決定!

2010年3月23日 11:58

初のインド人ボンドガールに「スラムドッグ$ミリオネア」

初のインド人ボンドガールに
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニー・ボイル監督「スラムドッグ$ミリオネア」のヒロインを演じたインド人女優フリーダ・ピントが、「007」シリーズ第23作、通称「ボンド23」のボンドガールとしてまもなく契約にサインする予定だと英ミラー紙が報じた。

それによると、ピントの出演料は推定300万ポンド(約4億円)。なおピントに関しては、約1年前にも次期ボンドガールの噂が報じられていた。関係者の話では、ピントは当初この役を受けることに対して少し臆病になっていたが、彼女こそ理想のボンドガールと考える製作側が数カ月にわたって交渉を続けた結果、夢の大役への挑戦を決めたという。

また、米人気TVシリーズ「Dr.HOUSE」に出演中で、男性誌マキシムが選ぶ「2009年最もホットな女性100人」の第1位に輝いた米女優オリビア・ワイルドが、もう1人のボンドガールとして交渉中だと同紙は報じている。

今回、アフガニスタンが舞台となる「ボンド23」のメガホンをとるのは、「アメリカン・ビューティー」のオスカー監督サム・メンデス。前出の関係者は、「サムはこの企画を非常に楽しみにしていて、007映画というジャンルを作り変えるつもりでいる」と話した。また、本作の脚本を手がけたピーター・モーガン(「フロスト×ニクソン」)も、「ショッキングなストーリー」になることを明かしており、シリーズのなかでもかなり野心的な作品となりそうだ。ダニエル・クレイグが三たびジェームズ・ボンドに扮する「ボンド23」は、今年の夏ごろのクランクインが予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi