戸田恵梨香、主演作「ライアーゲーム」100万人突破に歓喜 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月21日 > 戸田恵梨香、主演作「ライアーゲーム」100万人突破に歓喜
メニュー

戸田恵梨香、主演作「ライアーゲーム」100万人突破に歓喜

2010年3月21日 16:22

次なる目標は動員200万人!「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」

次なる目標は動員200万人!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 戸田恵梨香の主演最新作「ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ」の観客動員が3月21日、100万人を突破。戸田と共演の松田翔太松山博昭監督はこの日、東京・渋谷の渋東シネタワー2で大ヒット御礼舞台挨拶に臨んだ。

戸田が登場すると、客席からは「バカ正直者!」の掛け声。これには大喜びで、「すっごくうれしいですね。3年間携われて本当に良かった」。松田も、100万人突破を受けて「マニアックなファンの方に支えられた作品なのかと思ったら、ここまできたので変な気持ち。でもうれしいです」と笑顔をのぞかせた。

また、同作の香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイへの配給が決定したことも報告。戸田は、全く知らされていなかったそうで「ビックリ! 海外の人が見て、どう思ってくれるかなあ。そういえば、(同作の)撮影で行った台湾で現地の方も『ライアーゲーム』のことを知っていました」と終始ご機嫌だ。さらに、松田が「“シーズン1”の海賊版が300円くらいで売っていましたよ」と暴露すると、場内は爆笑に包まれていた。

週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載された甲斐谷忍の同名漫画が原作。正直者の女子大生・神崎直(戸田)が、天才詐欺師の秋山深一(松田)の助けを借りながら、参加者が大金をかけてだましあいを繰り広げるゲームを勝ち上がっていく姿を描く。過去2回にわたりドラマとして放送し、劇場版ではゲームを勝ち抜いた11人の参加者が集い、“信じあう心”をテーマとした最後のゲームに挑戦する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi