「トワイライト」シリーズ最終章に、「ミルク」のガス・バン・サント監督? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月18日 > 「トワイライト」シリーズ最終章に、「ミルク」のガス・バン・サント監督?
メニュー

「トワイライト」シリーズ最終章に、「ミルク」のガス・バン・サント監督?

2010年3月18日 11:13

ガス・バン・サントがバンパイアを撮る?「ミルク」

ガス・バン・サントがバンパイアを撮る?
TM & (C) 2009 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気バンパイア映画「トワイライト」シリーズを製作するサミット・エンターテインメントは、2011年公開予定の最終章「ブレイキング・ドーン」に大物監督の起用を検討しているようだ。米エンターテインメント・ウィークリー誌によると、スタジオはガス・バン・サント監督(「ミルク」)、ソフィア・コッポラ監督(「ロスト・イン・トランスレーション」)、ビル・コンドン監督(「ドリームガールズ」)にアプローチしているという。3名のうち、ガス・バン・サント監督の広報はスタジオから打診があったことを認めている。

バンパイアの青年と人間の少女との切ない恋を描くステファニー・メイヤー著のベストセラー小説を映画化した08年の第1作「トワイライト 初恋」は、世界中で大ヒットを記録し、一躍「トワイライト」ブームを巻き起こした。主人公のバンパイア・エドワード役のロバート・パティンソン、女子高生ベラ役のクリステン・スチュワート、狼族ジェイコブ役のテイラー・ロートナーも本作で一気にブレイク。09年の第2作「ニュームーン トワイライト・サーガ」の各国のプレミアでは、レッドカーペットにファンの少女たちが殺到した。現在は、6月30日全米公開予定の第3作「エクリプス」の撮影が行われている。

最終章となる「ブレイキング・ドーン」の原作には、エドワードとベラ、ジェイコブの複雑な三角関係や、ベラの出産シーンが描かれている。スタジオは、シリーズ第1弾から脚本を手がけているメリッサ・ローゼンバーグの「ブレイキング・ドーン」の草稿を来週にも3名の監督に届け、反応を見る模様。最終章は2部作として製作される見込みで、3D化の可能性も報じられている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi