「東のエデン」“聖地”豊洲にエデンメンバーが結集し完結 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月13日 > 「東のエデン」“聖地”豊洲にエデンメンバーが結集し完結
メニュー

「東のエデン」“聖地”豊洲にエデンメンバーが結集し完結

2010年3月13日 17:48

聖地・豊洲に主要メンバーが揃って堂々完結「i & i」

聖地・豊洲に主要メンバーが揃って堂々完結
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された人気アニメの完結編となる「東のエデン 劇場版II/Paradise Lost」が3月13日に公開初日を迎え、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で神山健治監督をはじめ、声優の木村良平早見沙織江口拓也川原元幸齋藤彩夏斉藤貴美子田谷隼檜山修之が舞台挨拶に登壇した。

100億円の電子マネーを使い「この国を正しき方向へ導く」という使命を課せられた12人の救世主(セレソン)が駆け引きを繰り返すなか、記憶をなくした主人公のセレソン・滝沢朗が、ヒロインの森美咲を通して知り合ったベンチャー企業「東のエデン」メンバーの助けを借りながら自らの過去に向き合い、日本を救うため奮闘する姿を描く。TVシリーズ全11話に続く劇場版2部作の完結編で、昨年11月に封切られた「劇場版I」はロングランを続け、今月8日には観客動員10万人を突破した。

自身初の長編映画を完結させた神山監督は、「劇場版II」の公開が当初よりも2カ月遅れたこともあり「長らくお待たせしましたが、やっと皆さんにお届けすることができた」と安堵の表情。そして、「2月22日にスタッフ向けの完成試写をしてからの3週間が、長い時間のようであっという間だった。作品はできあがった瞬間は監督のものだが、お客さんに届けて初めて完成する。映画が僕のものでなくなってしまうという、今まで経験したことのない複雑な思い」と心境を述べたが、「先ほど控え室まで温かい拍手が聞こえて、感激している」と感無量の様子だ。


豊洲のシネコンは「劇場版II」にも登場「i & i」

豊洲のシネコンは「劇場版II」にも登場
[拡大画像]

また、この日の会場となったユナイテッド・シネマ豊洲は、TVシリーズで滝沢の住処になっていた“豊洲のシネコン”のモデルとなった場所で、ファンにとっては“聖地”として知られる。その地にエデンメンバーが初めて勢ぞろいし、滝沢役の木村は「この場所に届けて初めて完成した、終わったなと思う。この空気が感じられてすごく幸せ」。咲役の早見も、「ここに立って皆さんの温かい顔が見られてうれしい。イスをなでたいくらいです(笑)」と思い入れたっぷりに話して沸かせた。

神山監督は、先日の完成披露試写会で「この世界観やキャラクターと別れがたい」と話していたが、この日も「全力を尽くして作った自負はあるが、書き終えたら、まだまだ物語は続いていくし、このメンバーとお別れもしたくないという思いが沸々とわいてきた。皆さんが応援してくれれば、物語は続いていくと思います」と意欲的に話していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi