仲里依紗、アドリブだった“がに股”ポーズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月13日 > 仲里依紗、アドリブだった“がに股”ポーズ
メニュー

仲里依紗、アドリブだった“がに股”ポーズ

2010年3月13日 13:24

公開初日は“がに股”封印「時をかける少女」

公開初日は“がに股”封印
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仲里依紗の主演最新作「時をかける少女」が3月13日、全国50スクリーンで公開。仲をはじめ、中尾明慶石丸幹二青木崇高石橋杏奈谷口正晃監督が東京・新宿ピカデリーで舞台挨拶を行った。

同作は、筒井康隆による同名短編小説の4度目の映画化で、仲が演じる女子高生・芳山あかりが2010年から1974年へとタイムスリップし、母・和子(安田成美)の初恋の相手を探す青春ラブストーリー。仲は、「今日はすごくすごくうれしいです。ぜひ何度でも“時をかけて”楽しんでください」とアピール。あかりが出会う70年代の大学生・涼太を演じた中尾は、「さっき、里依紗ちゃんから『今日、卒業だね』って言われて。初日を迎えて、やっと皆さんの作品になったので、応援していただければ」としんみりした表情だった。

仲は、06年にヒットした細田守監督によるアニメ版でも主人公の声優を務めており、「大好きな作品だけに正直不安だった。すごく大きなブランドを、またひとりで背負うのはどうなんだろうって」。それでも、撮影が始まると共演者やスタッフに支えられたといい、「中尾さんが助けてくれました」とニッコリ。これには中尾も、「初めてほめられてうれしくなっちゃった!」と大喜びだったが、仲が即座に「最後なんで持ち上げておきます」とツンデレな素顔をのぞかせ、場内の笑いを誘っていた。

谷口監督は、「内面からあふれ出るものを表現できる、フレッシュで魅力的な俳優さんと仕事ができて光栄」。とりわけ仲の躍動感あふれる、みずみずしいヒロイン像には「現場で完全にノックアウトされた」といい、「冒頭シーンで、がに股で叫んでくれて『これがあかりなんだ』って確信できた。台本には、がに股とは一言も書いていなかったですから」と仲の女優魂を絶賛した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi