ビゴ・モーテンセン、フロイト役でクローネンバーグ監督と3度目のタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月12日 > ビゴ・モーテンセン、フロイト役でクローネンバーグ監督と3度目のタッグ
メニュー

ビゴ・モーテンセン、フロイト役でクローネンバーグ監督と3度目のタッグ

2010年3月12日 11:36

クリストフ・ワルツに代わってフロイト役に「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

クリストフ・ワルツに代わってフロイト役に
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・クローネンバーグ監督とビゴ・モーテンセンが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」以来3度目となるタッグを組むことが分かった。クローネンバーグ監督の新作「The Talking Cure」から当初キャスティングされていたクリストフ・ワルツが降板したため、モーテンセンが代役で出演する。

同作は、クリストファー・ハンプトンの同名戯曲を映画化するもので、精神分析学の創始者ジークムント・フロイトとカール・ユング、そして患者として知り合ったユングと恋に落ち、のちに自身も精神分析家となる美女ザビーナ・シュピールラインの3人の複雑な人間関係を描く。フロイト役をモーテンセン、ユング役をマイケル・ファスベンダー、そしてザビーナ役をキーラ・ナイトレイが演じる。5月中旬のクランクインを予定。

なお、「イングロリアス・バスターズ」で第82回アカデミー助演男優賞に輝いたワルツが降板したのはスケジュール上の理由で、ロバート・パティンソンリース・ウィザースプーンと共演する「サーカス象に水を」(フランシス・ローレンス監督)の撮影と重なったことにあるようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi