下着姿のダコタ・ファニングが熱唱!衝撃的なPV「チェリー・ボム」が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月12日 > 下着姿のダコタ・ファニングが熱唱!衝撃的なPV「チェリー・ボム」が公開
メニュー

下着姿のダコタ・ファニングが熱唱!衝撃的なPV「チェリー・ボム」が公開

2010年3月12日 11:36

ダコたん、あられもない姿で熱唱

ダコたん、あられもない姿で熱唱
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気若手女優のダコタ・ファニングクリステン・スチュワート主演で、70年代後半に一大ブームを巻き起こした元祖ガールズバンドを描く伝記映画「ザ・ランナウェイズ」の、過激なライブシーンを収録したプロモーションビデオが米MTVなどで公開された。

ティーンエイジャー5人によるハードロック・ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」は75年に結成され、76年にシングル「チェリー・ボム(悩殺爆弾)」でデビュー。セクシーなコスチュームと挑発的な歌詞で注目され、絶大な人気を獲得した。バンドメンバーのうち、下着姿で熱唱するリードボーカル&キーボードのシェリー・カーリー役をファニングが、レズビアンであるボーカル&ギターのジョーン・ジェット役をスチュワートが演じている。

このほど公開されたPVは「チェリー・ボム」のライブシーンで、コルセットとガーターベルトを着けたファニングが大きく開いた胸元を揺らしながら、聴衆をあおるように熱唱。スチュワートは彼女を見守るように隣でギターをかき鳴らしている。また、ファニングがドラッグで意識が遠のく様子や、セックスシーンらしき場面も挿入されており、清純な子役イメージを完全に覆す衝撃的な内容となっている。

ファニングとスチュワートのパフォーマンスには、本作のプロデューサーを務めるジェット本人も太鼓判を押しており、3月23日に全米発売されるサウンドトラックには、ファニングの歌う「チェリー・ボム」「カリフォルニア・パラダイス」、スチュワートとデュエットする「クィーンズ・オブ・ノイズ」「デッド・エンド・ジャスティス」などが収録される。

映画「ザ・ランナウェイズ」は4月9日全米公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi