杉本彩、妖艶ダンス披露し「快楽がほしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月11日 > 杉本彩、妖艶ダンス披露し「快楽がほしい」
メニュー

杉本彩、妖艶ダンス披露し「快楽がほしい」

2010年3月11日 12:15

タイツ破れてますよ「NINE」

タイツ破れてますよ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の杉本彩が3月11日、東京・半蔵門のTOKYO FMホールで行われた映画「NINE」の公開記念イベントに出席し、劇中に登場する妖艶なダンスシーンを見事に再現した。

フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」のミュージカル版「ナイン」を、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。クランクインを前に脚本を書けずにいる映画監督(ダニエル・デイ=ルイス)が、プレッシャーと複雑な女性関係で追い詰められ、いつしか幻想の世界へとおぼれていく様子を絢爛豪華に描く。

杉本は、過去にテレビ番組の芸能人社交ダンス企画で、世界最高峰の競技会「ブラックプールフェスティバル」に出演した実績をもち、プロのダンサー5人を従えて登場。映画の中で、本年度グラミー賞受賞のファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)演じるしょう婦サラギーナが「Be Italian」を熱唱しながら踊るシーンを生で披露した。タイトルにちなみ、9日間で習得したという情熱的なダンスは本物顔負けの完成度。杉本は息を切らせながら「映画の中で一番難しいダンスシーンを選んでしまって(笑)。無謀な挑戦だったが、ファーギーに近づくため『いかに動きと目で殺すか』をテーマに踊った」とご満悦の表情だった。

女性関係に思い悩む主人公の姿に、杉本は「二股、三股なんて絶対に許さない! 私だったら、魂ごと奪いたい」とバッサリ。さらに、「愛の数だけ苦悩とトラブルがつきまとうもの。でもそれが人生の醍醐味だし、大いに悩み苦しんで濃い人生を送ったほうがいい」と“愛の伝道師”らしい提言も。ホワイトデーにはズバリ「快楽がほしい」と話し、取材陣を圧倒していた。

NINE」は角川映画・松竹の共同配給で、3月19日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi