テレンス・リー、断酒してナレーション初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月10日 > テレンス・リー、断酒してナレーション初挑戦
メニュー

テレンス・リー、断酒してナレーション初挑戦

2010年3月10日 21:25

断酒して声にハリが出たと自負「アーマード 武装地帯」

断酒して声にハリが出たと自負
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 危機管理アナリストとしてテレビなどで活躍するテレンス・リーが3月10日、「アーマード/武装地帯」(ニムロッド・アーントル監督)のテレビスポット収録を都内で行った。

輸送警備会社の屈強なドライバーたち(マット・ディロンジャン・レノローレンス・フィッシュバーンら)が自社を裏切り、銀行から請け負った現金の強奪を試みるが、思わぬ目撃者の登場に計画が狂い始め、悲劇へと歩みだすアクションサスペンス。サム・ライミが製作を手がけている。

リーは、初のナレーション収録に「ずっと声の仕事はしてみたかったが、こんな声だし滑舌も悪いんで(笑)。だから今回は感謝しています」。本番2日前から大好きな酒を断ったといい、「もう辛くて、辛くて。でも成果はあった。声にハリが出ましたよ」と満足そうな表情を浮かべた。さらに、「次はスタジオジブリの作品に出たいですね。『紅の豚』をやりたいんですよ」と“野望”を明かした

ドライバーたちが現金強奪を企てる本作については、「コイツら危機管理が甘々(あまあま)。だから面白いし、ハリウッド映画だけどヨーロッパのギャング映画の匂いがしますね。テーマも深いし、いい意味でひねっている」。リー本人はフィッシュバーンの大ファンだそうで、「続編があるなら出演したい」と意欲をのぞかせた。昨年末、酒に酔った男に襲われる事件に巻き込まれたが、「報道は大げさ。骨折もしていないし、入院もしていない」と元気な様子をアピールしていた。

アーマード/武装地帯」はソニー・ピクチャーズ配給で、3月27日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi