オスカー短編ドキュメンタリー賞の監督と「カニエった」プロデューサーの確執 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月10日 > オスカー短編ドキュメンタリー賞の監督と「カニエった」プロデューサーの確執
メニュー

オスカー短編ドキュメンタリー賞の監督と「カニエった」プロデューサーの確執

2010年3月10日 17:16

喜ばしい瞬間が泥沼に…

喜ばしい瞬間が泥沼に…
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第82回アカデミー賞授賞式で、短編ドキュメンタリー賞を受賞した監督がスピーチを始めたところに突然女性が割って入り、マイクを奪って自ら話し始めるというハプニングがあった。アメリカのメディアでは、09年MTVビデオ・ミュージック・アワードの際に、最優秀女性ビデオ賞に輝いたテイラー・スウィフトの受賞スピーチを妨害したカニエ・ウェストにたとえて、「カニエな瞬間(Kanye moment)」「カニエった(pulled a Kanye)」などと報じられている。今回の当事者2人、受賞作「Music by Prudence」のロジャー・ロス・ウィリアムズ監督と、プロデューサーのエリノア・バーケットが、それぞれの事情を米サイトSalon.comとのインタビューで語った。

同作は、重度の身体障害を持ちながらも強く生きるジンバブエの21歳の女性シンガーソングライター、プルーデンスとバンドを追ったドキュメンタリー。受賞が伝えられた瞬間、ウィリアムズ監督は大喜びで壇上へと駆け上がり、感謝のスピーチを始めた。客席にはプルーデンスさんの姿もあった。そこにバーケットが乱入し、ウィリアムズ監督のマイクを奪い取ったのだ。確かにバーケットもプロデューサーとして作品にクレジットされており、プレゼンターは両者の名前を呼んでいたが、見ている側には彼女がプロデューサーだということは分からなかった。

ウィリアムズ監督とバーケットは、本作の製作中に作品の方向性に関して対立して裁判沙汰になったという。しかし、その後友好的に解決したと語るバーケットに対して、ウィリアムズ監督はバーケットは1年近く前に自らプロジェクトを降板したが、クレジットが残っていただけだと反論。さらに、バーケットはそもそも映画のアイデアを持ち込んだのも自分だと主張するが、ウィリアムズ監督はそれも真っ向から否定し、彼女は完成した作品にはいっさい関係ないと言い切っている。

いずれにしても、アカデミーから受賞スピーチができるのは1人だけと通達されていたものの、授賞式のだいぶ前から2人はまったく話をしていなかったため、それに関する打ち合わせもできなかった模様。「映画は自分のもの」だから当然スピーチも自分がすると考えていた監督と、事情はどうあれ無視されて腹を立てていたプロデューサーとの確執が、今回のような事態を招いてしまったようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi