本物より豪華?アカデミー特番「ハンサム・メンズ・クラブ」のすごい顔ぶれ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月9日 > 本物より豪華?アカデミー特番「ハンサム・メンズ・クラブ」のすごい顔ぶれ
メニュー

本物より豪華?アカデミー特番「ハンサム・メンズ・クラブ」のすごい顔ぶれ

2010年3月9日 17:08

キンメルのハンサムポイントを熱唱するクラビッツ

キンメルのハンサムポイントを熱唱するクラビッツ
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ABCの人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」がアカデミー賞授賞式の夜に送る恒例の「アフター・ザ・アカデミー・アワード」特番が、今年で5回目を迎えた。2年前に、マット・デイモンベン・アフレックほか豪華スターをフィーチャーした伝説のビデオクリップ「I'm Fxxking Matt Damon」「I'm Fxxking Ben Affleck」を生み出した番組だ。

今年放送された「ハンサム・メンズ・クラブ」は、番組ホストのキンメルが会長を務める、文字通りハンサムな男しか入会できないクラブを描いた約9分30秒の寸劇だが、出演者の顔ぶれがすごい。パトリック・デンプシーマシュー・マコノヒージョシュ・ハートネットロブ・ロウジョン・クラシンスキーイーサン・ホーク、スティング、ジル・マリーニ、キース・アーバン、トニー・ロモ、テイ・ディグスレニー・クラビッツテッド・ダンソン。そしてキンメルの“恋人”ベン・アフレックと、“宿敵”マット・デイモンが最後を締めくくるというおまけつきだ。

会議中という設定の「ハンサム・メンズ・クラブ」では、「トワイライト」のテイラー・ロートナーロバート・パティンソンを入会させるかどうかが話し合われる。全員がふたりを「ハンサム」だと認定するなか、キンメル会長が「ハンサムじゃなくてキュートだ」と却下するところから、マコノヒーが「会長こそハンサムなのか」と信任を問い、キンメルが退会の窮地に立たされるというコントだ。ハンサムスターたちのコミカルな演技対決が爆笑を誘う。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi