「スペースインベーダー」の映画化を米ワーナー・ブラザースが検討 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月5日 > 「スペースインベーダー」の映画化を米ワーナー・ブラザースが検討
メニュー

「スペースインベーダー」の映画化を米ワーナー・ブラザースが検討

2010年3月5日 11:34

どんなストーリーを乗っける?「スペースインベーダー」

どんなストーリーを乗っける?
Photo by AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 70年代に一大ブームを巻き起こしたアーケードゲーム「スペースインベーダー」を映画化するという構想があることが分かった。

米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、ワーナー・ブラザースが「スペースインベーダー」を開発・製造した日本のタイトーと映画化権に関する交渉に入っているという。ちなみにワーナーは、同ゲームのアメリカでの販売元であるミッドウェイを昨年買収している。

スペースインベーダー」は、画面上から侵攻してくるインベーダー群を画面下の砲台から砲撃で撃ち落とすだけというシンプルさが売りの元祖シューティングゲーム。社会現象となった日本国内はもちろん、世界中で大ヒットした。

ワーナーは映画化にあたって、「プライベート・ライアン」「デイ・アフター・トゥモロー」のマーク・ゴードン、全米で大ヒットした超低予算ホラー「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラムシルベスター・スタローン監督・主演作「エクスペンダブルズ(原題)」のガイモン・キャサディという大物・敏腕プロデューサー3人の起用を考えているという。「スペースインベーダー」自体がきわめてシンプルなゲームである以上、脚本の出来が映画の成否を左右することになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi