アンジェリーナ・ジョリーと共演のジョニー・デップに、バネッサが降板命令 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月5日 > アンジェリーナ・ジョリーと共演のジョニー・デップに、バネッサが降板命令
メニュー

アンジェリーナ・ジョリーと共演のジョニー・デップに、バネッサが降板命令

2010年3月5日 18:01

ジョリーとの濃厚ラブシーンも「Mr.&Mrs.スミス」

ジョリーとの濃厚ラブシーンも
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バネッサ・パラディが、12年来のパートナーであるジョニー・デップに対して、アンジェリーナ・ジョリーとの初共演作「ザ・ツーリスト(原題)」から降板するよう命じたとの噂が報じられた。

米ニューヨーク・ポスト紙が伝えたもので、同作の脚本に2人の情熱的なラブシーンがあることを知ったパラディは、「Mr.&Mrs.スミス」撮影時のジョリーとブラッド・ピットのようにならないかと心配しているという。当時、ジェニファー・アニストンと結婚していたピットは、同作の撮影中にジョリーと恋に落ちたとされる。ただし、今回はジョリーの側も、撮影現場であるベネチアにピットと子どもたちを連れてきている。

同紙はデップが降板に向けて努力をしたとも報じているが、同作はすでにクランクインしており、3月1日にはベネチアで撮影中のデップの姿がパパラッチされた。ロケ場所となったパラッツォ・ピサーニ・モレッタは、カナル・グランデ(大運河)沿いに建つイタリア貴族ピサーニ家の館で、15世紀に建てられた由緒ある建物。そのバルコニーに立ったデップは黒のスーツに茶色のネクタイ姿で、片手には酒の入ったグラスも。また、同じバルコニーに1人で立つ白いドレス姿のジョリーの姿も報じられている。

「ザ・ツーリスト」は、国際刑事警察機構インターポールの女性捜査官(ジョリー)が、アメリカ人観光客男性(デップ)を利用して、彼女の恋人だった犯罪者をおびき出そうとする物語。06年の長編監督デビュー作「善き人のためのソナタ」でアカデミー外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクがメガホンをとる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi