IMALU、L・ベッソン監督最新作で映画主題歌を書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月5日 > IMALU、L・ベッソン監督最新作で映画主題歌を書き下ろし
メニュー

IMALU、L・ベッソン監督最新作で映画主題歌を書き下ろし

2010年3月5日 05:00

シングルはこれで3枚目「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」

シングルはこれで3枚目
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手でモデルのIMALUが、仏映画「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」日本語吹き替え版の主題歌を担当することが決まった。映画の主題歌を初めて手がけるIMALUは、楽曲「Uh Uh」の歌詞を書き下ろし。「アーサーの世界観にぴったりの楽しくてかわいい曲。でも、今までの曲とも少し違うポップな楽曲です!」と自信のほどをうかがわせた。

同作は、2007年に公開された「アーサーとミニモイの不思議な国」の続編で、シリーズ3部作の第2作。身長2ミリの“ミニモイ”に変身した少年アーサーが冒険を繰り広げる姿を、実写とCGアニメを融合させて描く。主題歌を担当することになったIMALUは、オリジナルで「ブラック・アイド・ピーズ」のファーギーが演じたリプレイの声を務めている。

IMALUは、デビュー曲「Mashed potato」に続き、3月3日に第2弾シングル「そんな名前 欲しくないよ」を発売したばかり。第3段となる今回の楽曲「Uh Uh」は、映画を見たIMALUが、ミニモイのような“かわいいワード”をパズルのように組み合わせたポップな世界観をイメージした。“ミクロモデル”として活躍してきたIMALUならではの視点で描かれており、ベッソン監督も「日本語と英語をミックスさせたオリジナリティあふれる歌詞に、映画の世界観が見事に表現されている」と絶賛。さらに、「彼女のかわいらしくて伸びやかな歌声が、映画のエンディングに華やかな色を添えてくれました。この曲を聞いて、僕が感じた興奮と幸せを、日本の皆さんにも感じてもらえることを祈ります」とコメントを寄せた。

「Uh Uh」は4月28日発売。

アーサーと魔王マルタザールの逆襲」はアスミック・エース配給で、4月29日から全国で公開。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi