児童文学の傑作「怪談レストラン」、工藤綾乃主演で実写映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月4日 > 児童文学の傑作「怪談レストラン」、工藤綾乃主演で実写映画化
メニュー

児童文学の傑作「怪談レストラン」、工藤綾乃主演で実写映画化

2010年3月4日 05:00

スクリーンデビューとなる工藤綾乃「劇場版 怪談レストラン」

スクリーンデビューとなる工藤綾乃
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ累計800万部の売り上げを記録したベストセラー児童文学「怪談レストラン」が、全日本国民的美少女コンテスト2009でグランプリとモデル部門をダブル受賞した工藤綾乃主演で実写映画化されることになった。

同作は、1996年に刊行された同名作が原作で、現在までにシリーズ50巻を誇る人気タイトル。14年経った今でも多くの子どもたちに愛され、昨年からはテレビアニメに進出し、7~9歳の階層別視聴率は31.7%を記録している。

今回の実写化では、工藤扮する怪奇探偵・天野ハルの活躍が軸に描かれる。テレビアニメでの主人公はアコ、ショウ、レイコだが、映画では“死神メール”によって姿を消してしまった少女マイの姉として登場。怪奇現象の解明が趣味でオリジナルの探偵七つ道具を持つハルが、マイのクラスメートらとともに死人の町へ妹を連れ戻しに向かう姿に焦点を当てる。

劇場版では、原作シリーズの表紙を飾った数々の“お化け”キャラクターがCG化されて立体的になて登場。アニメと実写、CGキャラを巧みに融合させて、これまでのホラー映画とはひと味違う世界を作り出すのは、「感染」「シャッター」などで知られる落合正幸監督。TVアニメ版を構成する米村正二が脚本を手がけ、芸能界デビューを飾る工藤の魅力を最大限に引き出す。

怪談レストラン」は東映配給で、8月から全国150~200スクリーン規模で公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi