仲里依紗&いきものがかり再コラボを約束 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月4日 > 仲里依紗&いきものがかり再コラボを約束
メニュー

仲里依紗&いきものがかり再コラボを約束

2010年3月4日 20:23

物語のキーワードとなる桜をバックに「時をかける少女」

物語のキーワードとなる桜をバックに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仲里依紗の主演最新作「時をかける少女」のプレミア試写会が3月4日、東京・麹町のTOKYO FMホールで行なわれ、仲をはじめ谷口正晃監督、主題歌と挿入歌を手がけた「いきものがかり」が舞台挨拶に立った。

筒井康隆の同名短編小説が原作で、通算4度目の映画化。仲は、細田守監督が手がけたアニメ版で声優を務めており、今回が2度目の“時かけ”となる。オリジナルの主人公だった芳山和子の娘・あかり(仲)が、交通事故で意識不明の母の願いを叶えるため70年代にタイムリープし、中尾明慶扮する映画監督志望の大学生の手助けを得ながら奔走する姿を描く。

この日は、仲が特別出演した主題歌「ノスタルジア」のPVを特別上映。映画の物語を踏襲した内容で、現代に戻ったあかりのその後を描いているだけに、イントロが始まると同時に場内は静寂に包まれた。仲は、「あかりちゃんにも見えるし、ほかの人にも見えるし、すごくいいなあ。歌詞が素敵で、せつなくて、映画にピッタリでビックリしました」と楽曲を絶賛した。

一方、ボーカルの吉岡聖恵は「ビックリするくらいストーリーとマッチしていますね」とニッコリ。インディーズ時代に発表してファンの多くがリリースを熱望していた楽曲について、「昔は相手を失ってメソメソしたイメージでしたが、今回の『ノスタルジア』は仲さんが演じてくれたように力強いイメージで作りました」と制作経緯を説明した。

これを聞いた仲は、「すいません、私なんかがやっちゃって……」と恐縮する姿に場内は爆笑。それでも、「音楽の力って本当にすごいですね。またぜひ呼んでください」と頭を下げると、同バンドのリーダー・水野良樹も「こちらこそ、また出てください」と“再コラボ”を約束していた。

時をかける少女」はスタイルジャム配給で、3月13日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi