アンジェリーナ・ジョリー降板で、「ウォンテッド」続編企画が消滅 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月1日 > アンジェリーナ・ジョリー降板で、「ウォンテッド」続編企画が消滅
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー降板で、「ウォンテッド」続編企画が消滅

2010年3月1日 11:57

降板の原因は?「ウォンテッド」

降板の原因は?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーがセクシーな暗殺者フォックスに扮したアクション大作「ウォンテッド」(08)の続編が今年中にクランクインすると報じられていたが、このほどジョリーが同作から降板したことが明らかになった。

米エンターテインメント・ウィークリー誌によると、続編はすでに脚本も完成し、スタジオのユニバーサルは今年中の撮影を望んでいたが、ジョリーの降板によりプロジェクトそのものの続行が難しくなったようだ。正式な発表はないものの、ジョリーの代役を立てるのではなく、製作を中止する可能性が濃厚になった。

ウォンテッド」でメガホンをとったティムール・ベクマンベトフ監督は昨年夏ごろ、地元ロシア紙とのインタビューで、ジョリー続投を視野に入れた続編の準備に入ったことを明かしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi