岩井俊二、ハリウッド進出作「ニューヨーク、アイラブユー」で至福の体験 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月26日 > 岩井俊二、ハリウッド進出作「ニューヨーク、アイラブユー」で至福の体験
メニュー

岩井俊二、ハリウッド進出作「ニューヨーク、アイラブユー」で至福の体験

2010年2月26日 18:21

ニューヨークでの撮影を満喫「ニューヨーク、アイラブユー」

ニューヨークでの撮影を満喫
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中から集った個性的な11人の監督が、ニューヨークを舞台にさまざまな愛の物語を紡ぐ群像アンサンブル・ムービー「ニューヨーク、アイラブユー」がいよいよ2月27日より公開される。その中の一編で、オーランド・ブルームクリスティーナ・リッチが出演する短編を手がけた、岩井俊二監督に話を聞いた。

「会ったことない人が、もうコミュニケーションを始めている。そういう現代の不思議を描ければと思いました。スターをキャスティングするつもりはなかったけど、オーランドが僕の作品を好きだと言ってくれて、『エリザベス・タウン』(05)を見たらすごく彼の芝居が良かったんです。彼は演技に対して非常に真面目で、猪突猛進型のすごく男らしい人でした」

本作は、ファティ・アキンアレン・ヒューズイバン・アタルら多彩な監督のもとに、ヘイデン・クリステンセンシャイア・ラブーフアンディ・ガルシア、ロビン・ライト・ペンらハリウッドの豪華キャストが集合。パリを舞台にした恋愛オムニバス「パリ、ジュテーム」のような、贅沢なインディーズ映画に仕上がっている。

「個人的な印象では、『パリ、ジュテーム』はいろいろなフィルムメーカーが最大限のパフォーマンスをするという意識が高くて、個々がオリジナリティやユニークさを追及していたけど、今回は肩の力を抜いて、無理のない自然体で作ろうという感じでした。アメリカの現場システムは、合理的でやりやすかったですね。普段は監督って1人だけど、中国のチアン・ウェン監督とインドのシェカール・カプール監督と3人で利き酒しにいったり、試写ではナタリー・ポートマンブレット・ラトナーと映画の感想を言い合ったり、そういった横のつながりも楽しかったですね」


岩井監督が手がけた、O・ブルームとC・リッチが主演の一編「ニューヨーク、アイラブユー」

岩井監督が手がけた、O・ブルームとC・リッチが主演の一編
(C)2009 VIVENDI ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.
[拡大画像]

岩井監督は、映画の街ニューヨークでの撮影を振り返り、「ニューヨークの人って、本当にニューヨークが好きなんだなぁって思います。僕はジョン・レノンの熱烈なファンではないけど、彼が殺されたダコタハウスってすごく印象深いし、『ライ麦畑でつかまえて』をポケットに忍ばせた犯人の心の闇は、『リリイ・シュシュのすべて』(01)を書くときにすごく影響されました。それに、僕の好きな70年代のニューシネマはニューヨークが舞台のものが多いから、そういう場所にカメラを向けることが出来るのは至福の体験でした」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi