タイガー・ウッズの謝罪会見、ハリウッドの敏腕クリエイターの反応は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月24日 > タイガー・ウッズの謝罪会見、ハリウッドの敏腕クリエイターの反応は?
メニュー

タイガー・ウッズの謝罪会見、ハリウッドの敏腕クリエイターの反応は?

2010年2月24日 13:25

この会見で世間は納得した?

この会見で世間は納得した?
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 次々と愛人が名乗り出る大騒動を巻き起こした米プロゴルファーのタイガー・ウッズが2月19日、謝罪会見を行い、不倫を認めて「自分勝手で無責任な行動を心から詫びたい」と自ら準備した原稿を読み上げた。この会見に対して欧米のメディアは賛否両論のようだが、ではプロの脚本家たちはこのスピーチをどう思ったのだろうか。米ニュースサイトZap2itが、会見の翌20日に行われた米脚本家組合(WGA)賞授賞式で、ハリウッドの売れっ子クリエイター&脚本家たちに話を聞いた。

エミー賞の最優秀ドラマに2年連続で選ばれ、この日もTVドラマ部門の最優秀脚本賞に輝いた「マッドメン」のクリエイター、マシュー・ワイナーは「僕にはタイガー・ウッズが我々に対して謝罪する理由が分からない」と語る。「彼はプロのスポーツ選手なんだから、多くの人はこう思っているはずなんだ。つまり、そもそも女の子にモテるためにゴルフを始めたんだろうってね。僕は彼を道徳的な手本としては見ていない。でも、しょうがないよ。彼は愛人を裏切るという究極の過ちを犯したんだから」

また、「ER 緊急救命室」「ザ・ホワイトハウス」のプロデューサー・演出家・脚本家で、米脚本家組合西部支部長のジョン・ウェルズはきわめて簡潔に答えた。「ゴルフにも、彼が自分のペニスを使ってする行為にも興味はない。まあ、幸運を祈るよ」

そして、「となりのサインフェルド」の俳優で、脚本家としても知られるジェイソン・アレキサンダーは、「文章は悪くなかったと思う。ドラマでいうなら“あらすじ”がちょっとブレていたけれど、必要な要素は全部あった。ただ、みんなは彼が崩れるところを見たかったんだと思う。でも、それがなかった。僕個人は彼が崩れなかったことをうれしく思うよ。とても堂々として立派だった。称賛に値する。あのスピーチを書くのは楽じゃなかったはずだ」と分析した。

なお、米アス誌が伝えたところによると、ウッズと妻エリンは、2歳の娘サムが通うフロリダ州ウィンダミアのスクールの父兄たちにも、騒動で迷惑をかけたことを詫びる謝罪の手紙を送ったそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi