山田洋次監督、ベルリン特別功労賞に1600人が拍手「一生の記念」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月21日 > 山田洋次監督、ベルリン特別功労賞に1600人が拍手「一生の記念」
メニュー

山田洋次監督、ベルリン特別功労賞に1600人が拍手「一生の記念」

2010年2月21日 14:03

市川監督に捧ぐ「おとうと」

市川監督に捧ぐ
写真:若山和子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が2月20日(現地時間)、第60回ベルリン国際映画祭のクロージング作品に選出された「おとうと」の上映前にスピーチを行った。メイン会場となるベルリナーレ・パラストは約1600席が観客で埋め尽くされ、特別功労賞に当たるベルリナーレ・カメラを受賞した山田監督には喝さいがおくられた。

同賞を日本人が受賞するのは市川崑監督(00)、熊井啓監督(01)に続き3人目。山田監督は、「おとうと」が市川監督の同名作から着想を得て製作したことに触れ、「市川監督は今から10年前にこのホールでこの賞を受賞しています。だから僕は、今は亡き市川監督に『僕もあなたと同じ賞をもらいました』と報告したいと思います。ベルリナーレ関係者の皆さまに心からお礼を申し上げます。そして、会場の皆さん、どうもありがとう」と万感の思いを込めて話した。

また、吉永は「ベルリンの皆さま、こんばんは。このベルリン映画祭に3度目の参加をすることができて、私はとても幸せです。2年前に『母べえ』が上映されたときの温かい拍手が、今でも私の胸の中に残っています。そして、『おとうと』も皆さまの心に残る映画になることを願っています」とドイツ語で挨拶し、大きな拍手を浴びていた。


小百合さんもあでやかに「おとうと」

小百合さんもあでやかに
写真:若山和子
[拡大画像]

山田監督は上映後、報道陣に「あんなにすごい歓声、拍手は想像していませんでした。この受賞は一生の記念になると思う。長年の功労に贈られたのであれば、これはみんなでもらった賞だと思う」と感無量の面持ちでコメント。吉永も、「授賞式に立ち会えただけでうれしいです。あたたかな拍手に胸がいっぱい。2年前の『母べえ』では悲しい思いをしましたが、その悲しみが今回の喜びのための前奏曲だった気がします」と笑顔で答えた。

また、前日19日にはフォーラム部門に出品された「京都太秦物語」で共同監督を務めた阿部勉、主演の海老瀬はなと舞台挨拶に立った山田監督。同映画祭で、同じ監督による新作2本が上映されるのは非常に珍しいケースだ。

おとうと」は、「十五才・学校IV」以来10年ぶりとなる山田洋次監督の現代劇。東京で誠実に生きてきた姉と、大阪で問題ばかり起こしてきた弟の再会と別れを描き、家族とは何かに迫る。1月30日に全国304スクリーンで公開され、現在までに観客動員130万人、興行収入10億円を突破。公開4週目を迎えた現在も幅広い層に受け入れられ、息の長い興行が展開されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi