ジョニー・デップ「アリス」LAファンイベント参加に観客騒然 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月21日 > ジョニー・デップ「アリス」LAファンイベント参加に観客騒然
メニュー

ジョニー・デップ「アリス」LAファンイベント参加に観客騒然

2010年2月21日 05:00

サプライズでの登場にファンは熱狂「アリス・イン・ワンダーランド」

サプライズでの登場にファンは熱狂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督とジョニー・デップが7度目のコンビを組んだ最新作「アリス・イン・ワンダーランド」のファンイベントが2月19日(日本時間20日)、米ロサンゼルスで行われ、ついに完成した本編が世界初上映されたほか、同作のプロモーションの場に初めてデップが登場した。

同作は、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」をベースに、19歳に成長したアリス(ミア・ワシコウスカ)の新たな冒険を描くファンタジーで、デップは、アリスを助ける重要なキャラクターとして描かれる、マッドハッター(帽子屋)に扮している。

今回のファンイベントは、同作のインスピレーションアルバムに参加したアーティストによるライブパフォーマンスやキャストの舞台挨拶、15分のフッテージ映像の上映などが行われるという触れ込みで、ファン500人が参加。しかし、そんな参加者に知らされていなかったサプライズが、デップ本人の登場と、本邦初となる3D版の本編上映だ。


500人限定も、3000人以上のファンがLAへ「アリス・イン・ワンダーランド」

500人限定も、3000人以上のファンがLAへ
[拡大画像]

デップは、会場で流されたインタビュー映像の中で「アリスが多くのアーティストたちの想像をかきたてるキャラクターだということを素晴らしく思う。マッドハッターは、もちろんキャロルの話に登場する素晴らしいキャラクターがもとになっているけど、今回目指したのは、ものすごく大きな、極端な感情を持ったキャラクター。怒りも、悲しみも、自由も、とても激しく表現するんだ」とじょう舌に語り、この映像にファンは熱狂。しかしその後、登場したバートン監督が「今日は来てくれてありがとう。映画を楽しみにしてください」と挨拶した直後、デップ本人が姿を現したため、知らされていなかった観客のボルテージは最高潮に達した。

さらに映画本編も上映され、鑑賞後の観客は「今までに見たことのないアリスとマッドハッターだった」「素晴らしい! ティム・バートンはやっぱりすごい!」など興奮気味に語っていた。ワールドプレミアは25日(日本時間26日)に、英ロンドンのオデオン・レスター・スクエア劇場で行われる予定で、日本からはプロボクサーの亀田興毅、大毅兄弟が招待されるほか、チャールズ皇太子とカミラ妃も来場する予定だという。

アリス・イン・ワンダーランド」はウォルト・ディズニー配給で、4月17日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi