渡部篤郎、6年越しの初監督作初日に「胸いっぱい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月20日 > 渡部篤郎、6年越しの初監督作初日に「胸いっぱい」
メニュー

渡部篤郎、6年越しの初監督作初日に「胸いっぱい」

2010年2月20日 16:00

監督も役者も自然体で作り上げた「コトバのない冬」

監督も役者も自然体で作り上げた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の渡部篤郎が2月20日、東京・渋谷ユーロスペースで自身の長編監督デビュー作「コトバのない冬」の初日舞台挨拶に登壇。04年の撮影から6年がかりで迎えた劇場公開初日に、「うれしい限りで胸がいっぱいです」と喜びをかみしめた。

同作は、冬の北海道を舞台に、落馬事故で記憶を失った主人公・冬沙子(高岡早紀)と言葉を話せない男の交流を描いた物語。舞台挨拶には出演の渡辺えり北見敏之鈴木一真も登壇し、渡辺は渡部の監督ぶりについて、「クリント・イーストウッドのようなタイプ。『よーい、アクション!』と言ってからすべて1回でOKなので、私は好きにしゃべらせてもらっただけ。自然体を引き出す才能がある」と絶賛。北見も、「ベテラン監督のように落ち着いていた」と言えば、鈴木も「同い年なんですけど、お父さんのよう」と落ち着いた手腕を称えた。

これに対し渡部は、「監督としての技術を持っていないので、皆さんの経験、感受性を大事にやればいいと思った」とコメント。そして、「家族、恋人、友だち、風景……何気ないけど大事なものがたくさん映っていると思う。この映画を見て、何か見落としていたものを見つけてもらえれば幸いです」と場内に語りかけた。退場時にはファンから多数の花束を贈られ、場内からは「おめでとう」という声援と温かい拍手に包まれた。

なお、登壇予定だった広田レオナは高熱のため欠席。舞台公演のため来場できなかった主演の高岡からは、「素敵な思い出がつまった温かい作品です」とメッセージが寄せられた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi