「ターミネーター」権利獲得のパシフィコーにハリウッド中からオファー殺到 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月19日 > 「ターミネーター」権利獲得のパシフィコーにハリウッド中からオファー殺到
メニュー

「ターミネーター」権利獲得のパシフィコーにハリウッド中からオファー殺到

2010年2月19日 11:29

「ターミネーター5」はどこへ行く?「ターミネーター」

「ターミネーター5」はどこへ行く?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ターミネーター」シリーズの権利を競売で獲得した米ヘッジファンドのパシフィコーは2月17日、ハリウッドのスタジオ、プロデューサー、投資家、エージェントからの同権利を求めるオファーが殺到していることを明らかにした。米サンタバーバラを拠点とするパシフィコーには映画製作の実績がないため、権利を転売もしくは製作を委託する可能性が高い。

また同社は、法律事務所レイサム&ワトキンスに、同権利に関する問い合わせの対処を依頼。これは、パシフィコーがすぐには最終判断を下さない姿勢であることを示唆している。アンドリュー・B・ミッチェルCEOは、「我々は映画製作ビジネスを手がけていませんが、相当量の業界的専門知識を入手できますし、今後数週間に全ての真剣なオファーについて専門家に相談することができます」と語っている。

パシフィコーは先週、「ターミネーター」シリーズの将来的な映画、テレビ、DVD、関連商品すべてに関する権利を競売にかけていたハルシオン・グループに、2950万ドルと今後手がけられるシリーズ1作ごとに500万ドルの支払いを提示して同権利を獲得。競売で破れたソニーとライオンズゲートは、翌日まで同権利についてパシフィコーと交渉を続けたが、契約は成立しなかった。

07年に、ハルシオンがマリオ・カサールから3000万ドルで同シリーズの権利を購入した際に資金を提供しているパシフィコー。ハルシオンは「ターミネーター4」の製作後に経営難に陥り、パシフィコーと争議の末、昨年9月に連邦破産法第11条の適用申請を行っていた。ハルシオンが製作した「ターミネーター4」は、およそ2億ドルの製作費に対し、3億7100万ドルの世界興収を記録している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi