キアヌ・リーブス主演「ジキルとハイド」の監督が降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月18日 > キアヌ・リーブス主演「ジキルとハイド」の監督が降板
メニュー

キアヌ・リーブス主演「ジキルとハイド」の監督が降板

2010年2月18日 17:36

相性が悪かった?「ジキル博士とハイド氏(1941)」

相性が悪かった?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キアヌ・リーブスを主演に迎えて、ロバート・ルイス・スティーブンソンの怪奇小説「ジキル博士とハイド氏」を映画化するユニバーサル・ピクチャーズの「ジキル(原題)」の監督が降板し、その座が空席となったことが明らかになった。

同作でメガホンをとる予定だったのは、デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン(「プッシャー」)。「ジキル」の降板理由はあくまでもスケジュール上の問題とのことだが、実はレフン監督は同時にもう1本、主演ハリソン・フォード、脚本ポール・シュレーダー(「タクシードライバー」)という強力な布陣のドラマ「The Dying of the Light」からも降板したという。

理由はともあれ、リーブスとフォードというトップスターを蹴ったレフン監督が代わりに選んだのが、ジェームズ・サリスの同名のクライムノベルを映画化する「ドライブ(原題)」。「ラースと、その彼女」のライアン・ゴスリングがロサンゼルスの銀行強盗に扮することになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi