バートン&デップの「ワンダーランド」に飛び込んだ、新星ミア・ワシコウスカ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月17日 > バートン&デップの「ワンダーランド」に飛び込んだ、新星ミア・ワシコウスカ
メニュー

バートン&デップの「ワンダーランド」に飛び込んだ、新星ミア・ワシコウスカ

2010年2月17日 11:30

ばっさりとベリーショートで来日「アリス・イン・ワンダーランド」

ばっさりとベリーショートで来日
テーブルコーディネイト スタイリスト:
今野まや(pepe+)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督とジョニー・デップが7度目のコンビで製作した最新作「アリス・イン・ワンダーランド」は、ルイス・キャロルの不朽の名作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をベースに、19歳に成長したアリスの新たな冒険を描くファンタジーアドベンチャー。同作で主人公アリスに抜擢された、オーストラリアの新進女優ミア・ワシコウスカが2月上旬に初来日を果たし、取材に応じた。

今回のアリスは、赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)によって支配された地下世界を取り戻すべく、“伝説の救世主”として白の女王(アン・ハサウェイ)や帽子屋(デップ)らとともに戦う強い女性。しかし、そこに至るまでには10代の女の子としての迷いやかっとうも描かれる。

「19歳になって大人になったけれど、アリスは自分なりの生き方を模索している最中なの」と語るミア自身も89年生まれで、アリスとほぼ同年代。それゆえに、「彼女の気持ちや、人生の中でどういう場所にいるかということに共感が持てた」と話す。「世間や家族から期待されている自分、そうではないものを求めている自分……アリスはそうしたものの間で、自分を模索している。そういうところはすごく分かった」


地下世界の平和を取り戻すため戦うアリス「アリス・イン・ワンダーランド」

地下世界の平和を取り戻すため戦うアリス
(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
[拡大画像]

15歳で演技を始めてから4年足らず。ワシコウスカにとってハリウッド大作への出演は初めてで、さらにバートン&デップという名うてのコンビの作品に、主人公として参加したことは大きな経験になった。「私から見ると、彼らは本当にツーカーの仲なの。どちらかがひと言発すれば、何を言おうとしているかが相手に伝わる。それにあの2人は、映画の趣味が似ていて、同じような映画やキャラクターに惚れ込み、そして今も一緒に映画を作っている。まるで彼らだけの言語があるかのように、意思の疎通がパーフェクトだった。2人が一緒に仕事をしている姿を間近で見ることは、とても勉強になったわ」

英国名文学を映画化する「ジェーン・エア」や、ガス・バン・サント最新作で加瀬亮と共演する「レストレス」など、今後も出演作が続々。そんな彼女が、バートンとデップが作り出すめくるめくワンダーランドでどんな活躍を見せてくれるのか。

アリス・イン・ワンダーランド」はウォルト・ディズニー配給で、3月5日に全米公開後、4月17日から日本で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi