加護亜依の“肉食”ぶりに監督&共演男子はメロメロ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月14日 > 加護亜依の“肉食”ぶりに監督&共演男子はメロメロ
メニュー

加護亜依の“肉食”ぶりに監督&共演男子はメロメロ

2010年2月14日 11:26

「肉食系女子。」仕様の特製ケーキを前に「肉食系女子。」

「肉食系女子。」仕様の特製ケーキを前に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元「モーニング娘。」の加護亜依の主演映画「肉食系女子。」が2月13日、全国で公開。加護をはじめ、共演の日和佑貴和田篤司監督、主題歌を歌う「+Plus」らが東京・池袋HUMAXシネマズで舞台挨拶に立った。

昨年の新語・流行語大賞トップ10に選出された“草食男子”の類語に当たる“肉食女子”をテーマに、男を次々と手玉に取るキャリアウーマン・大神狩子(加護)が、部下として配属されてきた草食系男子・山口朋也(日和)に惑わされていく姿を描くラブコメディだ。

加護は、「私はどちらかというと肉食系です。もともと草食系だと思っていたんですが、今回、狩子を演じさせていただいた際に、彼女の気持ちがものすごくわかって、自分は肉食系だったんだなと実感しました」と振り返った。さらに、撮影中に気を付けたことを聞かれると「肉を食べることです!」と明かし、笑いを誘った。

そんな加護について、和田監督は「実際、加護ちゃんに初めて会った時は、史上最強の肉食(女子)だと思った」と述懐。それだけに、「自分を含めスタッフ全員が草食系男子で、みんなが“加護ちゃん大好き”という現場でした」と“座長”にメロメロだ。そして、「肉食系女子は、マスコミとかで扱われる時、割と否定的な意味合いで扱われることが多いのですが、彼女たちのピュアな側面も感じ取ってもらえる映画だと思う」とアピールした。

共演の日和から「加護さんがめちゃくちゃカワイイ。それが見どころです」と褒められた加護は、「初めにハードルをあげるの、やめようよ!」と赤面。それでも、「今回演じた狩子からは学ぶ部分がすごく多かった。恋をしている方や自分に自信がない方、草食系男子が周りにいる方は、ぜひこの映画を見て学んでほしいし、肉食系女子のちょっと切ない部分も感じていただけたらなと思います」と、しっかりアピールしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi