「007」めぐる競売第2ラウンドにワーナー、ライオンズゲートが進出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月10日 > 「007」めぐる競売第2ラウンドにワーナー、ライオンズゲートが進出
メニュー

「007」めぐる競売第2ラウンドにワーナー、ライオンズゲートが進出

2010年2月10日 11:30

007次回作はどのスタジオへ?「ピンクパンサー」

007次回作はどのスタジオへ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズの権利などを所有しながら、およそ37億ドルの負債を抱える米スタジオMGMの競売プロセスが、第2ラウンドに進んだ。同スタジオは、1月15日の最初の締め切りまでにオファーを提示した10社のうち6社と交渉を継続する意向。入札の社名は明らかにされていないが、関係者によればワーナー・ブラザースの親会社であるタイム・ワーナーとライオンズゲートは残っているという。

一方、20世紀フォックスの親会社であるニューズ・コープは、第1ラウンドのオファーは行ったものの、第2ラウンドには参加していないと見られる。昨年行ったケーブルテレビ部門の切り離しにより、50億ドルのキャッシュを手にしたタイム・ワーナーが依然として最有力候補。MGMは、入札者はまだ同社の内部会計資料に目を通しておらず、結論にはほど遠い段階だとしている。あるスポークスマンは、適正価格を値踏みする第2ラウンドは、数週間を要すると語っている。

MGMの債務保有者140人は、すでに負債の利子返済期限を当初予定されていた1月31日から3月31日に延期することで同意している。また同スタジオは、2億5000万ドルの極度貸し付け枠の返済日も4月上旬に控え、来年7月には負債37億ドルのうち10億ドルの返済期限がやってくる。

MGMは、05年にソニー、プロビデンス・エクイティ・パートナーズ、テキサス・パシフィック・グループ、コムキャストなどによる連合に買収されている。同連合は28億5000万ドルを支払い、20億ドルの債務を負ったと見られている。当時、タイム・ワーナーも期限ぎりぎりで入札に参加したが、同連合に破れた。

MGMの資産には、「007」「ピンクパンサー」といったシリーズの権利のほか、4000タイトルを所有するライブラリー、ユナイテッド・アーティスツ(UA)、共同出資している「ザ・ホビット(原題)」2部作(ギレルモ・デル・トロ監督)の権利などがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi