「アバター」サム・ワーシントン、マイケル・マン娘の監督デビュー作に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月9日 > 「アバター」サム・ワーシントン、マイケル・マン娘の監督デビュー作に主演
メニュー

「アバター」サム・ワーシントン、マイケル・マン娘の監督デビュー作に主演

2010年2月9日 11:29

すっかり売れっ子俳優に「アバター(2009)」

すっかり売れっ子俳優に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今後出演予定の新作が続々報じられている「アバター」の主演俳優サム・ワーシントンに、また新たな主演作が決定した。

米ハリウッド・レポーター誌によると、ワーシントンは、マイケル・マン監督の娘アミ・カナーン・マンが監督デビューを飾るスリラー「ザ・フィールズ(The Fields)」に刑事役で主演することになった。

実話をもとにドン・フェラローンが脚本を執筆した同作は、米テキサス州を舞台に、同地の殺人担当刑事(ワーシントン)とニューヨークからやってきた刑事の2人が協力して、テキサスの湿地帯で起こった連続殺人事件の解決に臨むというストーリー。

アミは、TV映画「おてんば探偵ナンシー・ドリュー」の脚本を手がけたほか、TVシリーズ「フライデー・ナイト・ライツ」の監督を務めた経験はあるが、劇場用映画でメガホンをとるのは今回が初めて。父親マイケルのプロデュースで、4月のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi