西川史子、独身最後のトークショーで「迷いはなかった」と本音吐露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月9日 > 西川史子、独身最後のトークショーで「迷いはなかった」と本音吐露
メニュー

西川史子、独身最後のトークショーで「迷いはなかった」と本音吐露

2010年2月9日 18:30

ブーケトスの練習も完了!「バレンタインデー」

ブーケトスの練習も完了!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 医師でタレントの西川史子が2月9日、都内で行われた米映画「バレンタインデー」の特別試写会に出席し、トークショーを行った。婚約中の元葛飾区議会議員で会社役員の福本亜細亜氏と2月14日に挙式する西川にとっては、独身生活最後のイベント出席。シャンパンゴールドのドレスで登場した西川は、「似合いますねえ、私は」と自画自賛してみせた。

かつて「年収4000万円以下の男性とはお付き合いしない」と豪語するなど、数々の問題発言で物議をかもした西川。この日も、挙式直前とあって「こんなことしているヒマはないんですよ」と毒舌は健在だ。映画については、「自分のことのように共感できる作品。式直前ということあるのかな、反省することもあって、複雑な心境になりましたね」と語った。それでも、「今の人は、結婚について考えたときに迷いが生じなかったんです」と本音を吐露するなど、のろけてみせた。

作品タイトルにからめ、バレンタインデーの思い出については「近くのお店のパティシエに『金ならいくらでも出す』と言って少しヘタに作ってもらった。当時の彼氏に『お店で売っているものみたいだね』とほめてもらった」と振り返った。また、西川と同日に挙式するカップルも招待されており「男が主導権を握ろうなんて思ったらダメよ」と西川節で祝福していた。

同作は、米ロサンゼルスを舞台に2月14日のバレンタインデーをめぐる15人の男女が繰り広げる愛の様子を描いた群像劇。「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督がメガホンをとり、ジュリア・ロバーツアン・ハサウェイジェシカ・アルバジェシカ・ビールパトリック・デンプシーアシュトン・カッチャーら豪華キャストが結集した話題作だ。

バレンタインデー」はワーナー配給で、2月12日から日米同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi