柴咲コウ、ファン&報道陣に“かたつむり”チョコをプレゼント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月6日 > 柴咲コウ、ファン&報道陣に“かたつむり”チョコをプレゼント
メニュー

柴咲コウ、ファン&報道陣に“かたつむり”チョコをプレゼント

2010年2月6日 13:25

巨大かたつむりチョコにはデコレーションで仕上げ「食堂かたつむり」

巨大かたつむりチョコにはデコレーションで仕上げ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小川糸の人気小説を柴咲コウ主演で映画化した「食堂かたつむり」が2月6日、全国156スクリーンで公開。柴咲をはじめ、共演の余貴美子、ブラザートム、富永まい監督は、東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテで舞台挨拶を行った。

「食べることは生きること」がテーマの同作は、失恋のショックで声を失った主人公の倫子が、性格の合わない母が暮らす田舎で1日1組だけ予約を受け付ける小さな食堂を始め、その料理を食べた人々に小さな奇跡を起こしていくハートウォーミングな群像劇だ。

柴咲は、セリフがほとんどない役に臨んだが「ただただ自然体で演じられました。自分の本性と照らし合わせて役を見つめることはしないのですが、今回は共感したり感情移入する場面があった」とニッコリ。そして、「前の自分よりも優しくなれた気がします。フワッと柔らかな気持ちになってくれたら、この作品にかかわった人間として幸せです」と語った。

柴咲の母親に扮した余は、「(柴咲から)写真集をもらいましたし、ライブにも行こうと思います。本当に大好きになっちゃいました」とゾッコンの様子だ。一方のトムは、「オレ、写真集もらってない……。こんなに親しくしていたのはウソだったのね」としょんぼり。慌てた柴咲が、「あ、あとで」と必死に弁解する姿が笑いを誘った。

それでも柴咲は、ほかのキャストには内緒で、場内に詰め掛けた観客全員と報道陣に、2月14日のバレンタインデーが近いこともあって「かたつむりチョコレート」を用意。直接手渡されたトムは、「本人からもらうとうれしいもんですねえ」と鼻の下を伸ばしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi