神木隆之介とGACKT、リュック・ベッソン監督最新作で吹き替え続投 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月6日 > 神木隆之介とGACKT、リュック・ベッソン監督最新作で吹き替え続投
メニュー

神木隆之介とGACKT、リュック・ベッソン監督最新作で吹き替え続投

2010年2月6日 06:00

リュック・ベッソン監督も絶賛「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」

リュック・ベッソン監督も絶賛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リュック・ベッソン監督最新作「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」の日本語吹き替え版キャストを、神木隆之介とGACKTが務めることが決まった。

同作は07年に公開された「アーサーとミニモイの不思議な国」の続編で、シリーズ3部作の第2作。身長2ミリの“ミニモイ”に変身した少年アーサーが冒険を繰り広げる物語を、実写とCGアニメーションを融合させて描く。今回、前作でも吹き替えを担当した神木とGACKTにベッソン監督が改めてラブコール。神木は前作同様「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモアが演じる主人公アーサーを、GACKTはルー・リードが声優を務めるアーサーの宿敵・魔王マルタザールの吹き替えを引き続き担当することになる。


続投オファーを快諾「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」

続投オファーを快諾
[拡大画像]

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」をはじめ、昨年は細田守監督の「サマーウォーズ」でも声優として活躍した神木。今回の吹き替えについて、「前回よりももっと繊細なCGになっていますし、アーサー自信も成長しています。子どもから大人まで、皆さんに楽しんでいただけるように全力でアーサーを演じます」と意気込む。GACKTも、「前作を気に入ってくれた多くのファンの気持ちに応えるために、続投することを決めました。リュック・ベッソン監督と話をしたときも、マルタザールのイメージにピッタリだったみたいで、僕の続投を強く希望してくれた彼の気持ちにもしっかり応えたい」と話し、さらに「普段の僕の声とは印象の違うアプローチも面白いと思うよ。乞うご期待」と自信をのぞかせている。

そんな2人をお気に入りのベッソン監督も、「現在製作中の最終章にも出てもらいたいと思っているよ」と早くも3部作最終章への起用も確約するほどの熱の入れようだ。

アーサーと魔王マルタザールの逆襲」はアスミック・エース配給で、4月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi