「ほしのふるまち」オーディション大盛況 女性5人の出演決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月2日 > 「ほしのふるまち」オーディション大盛況 女性5人の出演決定
メニュー

「ほしのふるまち」オーディション大盛況 女性5人の出演決定

2010年2月2日 07:00

(写真左から)松田梨沙さん、押田栞さん、稲場きさらさん、河内美澪さん、樋口瑞姫さん、川野浩司監督 (写真左から)松田梨沙さん、押田栞さん、
稲場きさらさん、河内美澪さん、樋口瑞姫さん、川野浩司監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原秀則の人気漫画を映画化する「ほしのふるまち」の出演者を選ぶ「ほしのふるまち TOYAMAデビューオーディション」が1月31日、富山市内のホールで行われた。富山県内外から約800人の応募が寄せられ、この日は46人が参加。一次審査を通過した14人が最終審査に臨み、樋口瑞姫さん(16)、河内美澪さん(15)、松田梨沙さん(16)ら5人の映画出演が決定した。

同作は、「週刊ヤングサンデー」(小学館)で2006~08年に連載された同名漫画が原作。「人は誰でも輝ける場所がある」という普遍的なメッセージを、東京の進学校から富山の高校に編入した主人公の恒太郎の苦悩と成長を軸に、地元の少女・渚との出会いをきっかけに“前進”していく姿を描く青春ラブストーリーだ。

オーディションには、同作でメガホンをとる川野浩司監督、長谷川京子新垣結衣が所属するレプロエンタテインメントの堀田昌志氏らが参加し、演技力や歌唱力を審査した。木村大作監督の「劔岳 点の記」への出演経験がある樋口さんは、「監督の話を聞き、もっと演技の勉強がしたい」とニッコリ。川野監督が演技力を高く評価した河内さんは、「原作のイメージを大切にしながら、明るい自分らしさを出せたら」と話した。

富山県では、オーディション前日の30日に「ほしのふるまち前夜祭」を開催。石井隆一知事が映画の全面支援を宣言し、製作支援委員会の発足も発表。すでに原作を読破しているそうで、「さわやかな青春をテーマに、(映画の舞台となる)氷見の美しい自然や人間関係が描かれている」と絶賛。堂故茂氷見市長も、「若者だけでなく全国の人に共感される作品に育ってほしい。映画化を機に、市民のもてなしの心を磨きたい」と意気込んだ。

ほしのふるまち」は 、2011年春に公開予定。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報