サンダンス映画祭が閉幕 大注目のグランプリ&観客賞は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月1日 > サンダンス映画祭が閉幕 大注目のグランプリ&観客賞は?
メニュー

サンダンス映画祭が閉幕 大注目のグランプリ&観客賞は?

2010年2月1日 12:05

[映画.com ニュース] 2010年サンダンス映画祭が閉幕し、1月30日米ユタ州パークシティで閉幕式のセレモニーが行われた。昨年のアメリカンシネマ・ドラマ部門グランプリ&観客賞を同時受賞したリー・ダニエルズ監督の「プレシャス」(4月公開)、ワールドシネマ・ドラマ部門観客賞を受賞した「17歳の肖像」(4月17日公開)が現在アカデミー賞レースで大健闘していることから、今年のサンダンスの受賞作は例年よりも要注目だ。

まず、アメリカンシネマ・ドラマ部門グランプリは女性監督デブラ・グラニクの「Winter's Bone」、ワールドシネマ・ドラマ部門グランプリはオーストラリア人監督デビッド・マイコッドの「Animal Kingdom」(ガイ・ピアース主演)。また、映画祭で一番人気だったジョシュ・ラドノール監督のロマンチックコメディ「Happythankyoumoreplease」がアメリカンシネマ・ドラマ部門観客賞を、ペルー人監督ハビエル・フエンテス=レオンの「Contracorriente(逆流)」がワールドシネマ・ドラマ部門観客賞を受賞。批評家からの評価も高かった俳優マーク・ラファロの監督作「Sympathy for Delicious」はドラマ部門特別審査員賞を受賞した。

主な受賞者は以下の通り。

▽アメリカンシネマ・ドラマ部門・グランプリ
「Winter's Bone」(米、デブラ・グラニク監督)
▽アメリカンシネマ・ドキュメンタリー部門グランプリ
「Restrepo」(米、ティム・ヘザーリングトン&セバスチャン・ユンガー監督)
▽ワールドシネマ・ドラマ部門グランプリ
「Animal Kingdom」(豪、デビッド・マイコッド監督)
▽ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門グランプリ
「The Red Chapel」(デンマーク、マッズ・ブリューガー監督)
▽審査員特別賞
「Sympathy for Delicious」(米、マーク・ラファロ監督)
▽アメリカンシネマ・ドラマ部門観客賞
「Happythankyoumoreplease」(米、ジョシュ・ラドノール監督)
▽アメリカンシネマ・ドキュメンタリー部門観客賞
「Waiting for Superman」(米、デイビス・グッゲンハイム監督)
▽ワールドシネマ・ドラマ部門観客賞
「Contracorriente (逆流)」(ペルー、ハビエル・フエンテス=レオン監督)
▽ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門観客賞
「Wasteland」(英、ルーシー・ウォーカー監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi