「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが自主退学 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月27日 > 「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが自主退学
メニュー

「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが自主退学

2010年1月27日 11:27

やっかみにはうんざり「ラブリーボーン」

やっかみにはうんざり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピーター・ジャクソン監督の新作「ラブリーボーン」に主演する15歳の女優シアーシャ・ローナンが、アイルランドの寄宿舎学校を自主退学したことが分かった。

ローナンは、13歳のときにキーラ・ナイトレイ主演の「つぐない」(07)でアカデミー助演女優賞にノミネートされて以来、将来が期待される若手女優の1人として目覚しい活躍を見せている。

仕事は絶好調のローナンだが、名声を得たことで学校では思わぬ苦労を強いられたようだ。ローナンは、英ガーディアン紙に対し「私が学校を辞めたのは、先生や生徒たちが辛くあたるから。生徒たちのなかには意地悪な子もいるの。入学する前から先生や同級生たちが自分のことを知っていると、普通の学校生活を送ることは難しい」と告白。現在は、ホームスクール形式をとって勉強を続けているという。

ラブリーボーン」は、14歳で殺害された少女スージー・サーモン(ローナン)が、天国の入り口に留まり、地上に残された家族や初恋の人を見守る姿を描くファンタジードラマ。先週、初来日したローナンは会見に出席し、キュートな笑顔で日本のファンに映画をPRした。同作は、1月29日に公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi